わかっていても 2話のネタバレあらすじ解説と感想/私だけじゃないとわかっていても惹かれる

わかっていても

ナビとジュオンは、美術大学の学生。

第1話で彼と別れたばかりのナビは、女性慣れしているジュオンに心を揺さぶられてしまいます。

この記事では、韓国ドラマ「わかっていても」 2話のネタバレあらすじの解説と感想についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

わかっていても 2話のネタバレあらすじの解説

ナビとジュオンは見つめ合い、キスをしようとしますが、電話がかかってきてさえぎられてしまいました。

ナビは、友達のビンナにジュオンのことを相談します。

 

ビオンは、ジュオンが恋愛に向いていないのであきらめた方がいいと、アドバイスをするのでした。

ジュオンは花のような存在で、一匹の蝶のために咲いているのではないというのです。

 

しかし、その夜、ナビはジュオンとクラブに出かけました。

ジュオンと再びいい雰囲気になりますが、手首に蝶のマークを付けた女性が現れ、ジュオンに親密に話しかけてきます。

 

ジュオンに、そのマークのことを聞いても「自分が勝手にやってアピールしている。」と、言いました。

不安な気持ちになるナビ。

 

でも翌日、ジュオンから電話がかかってくると、笑みが溢れて、すぐに許してしまいました。

その日、ナビは、ジュオンと寝る夢を見るのでした。

 

夢から覚めると、午後1時を過ぎており、急いで大学に向かいます。

教授に頼み込んで、自分の発表をさせてもらうことになったナビでしたが、生理になってしまい、体調が思わしくありません。

 

同じ講義を受けていたジュオンは、ナビを心配し、自分の上着を貸します。

優しくしてもらったナビは、特別扱いを受けたような気がして機嫌がよくなりますが、ビンナに「あいつは、誰にでも優しい。」と、たしなめられるのでした。

 

そして、ビンナと共に飲み会に参加すると、先輩から絡まれてしまいます。

ジュオンは何かと、優しくナビをかばってくれますが、距離を縮めないジュオンに、ナビは壁をつくられたような気がするのでした。

 

しかも、ジュオンは飲み会でもたくさんの女子生徒から、もてもてでした。

ジュオンは軽い男だから、気をつけようと分かっていても、心揺さぶられてしまうナビ。

 

ビンナの計らいもあって、二次会はナビの家で行われました。

罰ゲームにひっかかり、ジュオンとナビはキスする羽目になってしまいますが、何とかごまかします。

 

しかし、途中で、ジュオンが他の女性にキスしているのを、ナビは目撃してしまいます。

罰ゲームの続きと、ジュオンは言いますが、ナビはもやもやしてしまいます。

 

そして、ジュオンの唇を指でふきとり、自分からキスするのでした。

第3話の内容はこちら >>

 

わかっていても 2話の感想

自分だけがジュオンにとって特別な存在ではないと分かっていても、蝶が花の蜜に吸い寄せられていくように、ナビはどんどんジュオンの魅力にはまっていくようです。

 

誰にでも優しいジュオンがもてるのは分かるのですが、ジュオンの様子を見ていると、ナビを特別な存在のように扱っているような感じがします。

 

韓国の大学生の飲み会の楽しい様子やゲームも、面白いです。

日本の学生も、サークルや学部で盛り上がると思いますが、今、ここまでエンジョイできている人も少ないと思うので、早く平穏な日々が訪れるといいなと願います。

 

マッチングアプリなど、今どきの合コンの様子も描かれています。

出会いの手段の、時代によって移り変わっていくのでしょうね。

 

学業に対して、基本的には真面目に取り組んでいるようですが、恋愛が若者の最大の関心事であることは、永遠のテーマなのかもしれないなと感じました。

嫌な感じの先輩もいて、どの時代にもどの国にも似たようなタイプはいるものだとも思いました。

第3話の内容はこちら >>

 

スポンサードリンク

わかっていても 第2話についてまとめ

優しくされても、自分だけがジュオンにとって特別な存在ではないと理性では分かっているものの、ナビは、ジュオンの魅力にどんどんはまっていってしまいます。

 

とうとう、ナビは自分からジュオンにキスをしてしまうのでした。

第3話の内容はこちら >>

 

公式LINEの友達追加はこちら

 

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました