わかっていても 1話のネタバレあらすじ解説と感想/ナビとジュオンの出会い

わかっていても

韓国ドラマ「わかっていても」は、2021年6月から放映されたラブロマンスです。

彫刻を学んでいる大学生の恋模様が描かれています。

この記事では、韓国ドラマ「わかっていても」 1話のネタバレあらすじの解説と感想についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

わかっていても 1話のネタバレあらすじの解説

ナビは、美術大学で彫刻を学んでいました。

バラの花束を持って先輩の彼の展覧会に行こうとすると、雪が降ってきて運命を感じます。

 

しかし、「ナビ」と名付けられた自分の裸体の彫刻を見てショックを受けます。

しかも、先輩は講師を務める塾で、違う女の子に言い寄っていました。

 

ナビは彼と別れ、傷心のまま一人で飲みに行きます。

すると、首に蝶のタトゥーをつけたイケメンの青年が、隣に座ってきました。

 

とまどうナビに「人違いをした。」と、去っていった彼。

しかし、「待ち合わせはキャンセルした」と戻ってきた彼と、ナビはデートを楽しみます。

 

彼の部屋に誘われますが、ナビがトイレに行って帰ってくると、「俺も会いたい。もう寝るのか。」と、電話をしているのを聞いてしまいました。

ナビは、彼の名前も聞かずに家に帰るのでした。

 

そんな中、ナビは教授に呼び出されます。

教授は、期待しているソルに交換留学を勧めますが、ナビには、「成績をあげるように。」と伝えます。

 

ナビは行き詰まり、なかなか彫刻の課題に身が入りません。

友達のビンナに飲み会に誘われ、店に行くと、そこには、蝶のタトゥーの彼がいました。

 

彼の名前は、パク・ジュオン。

ジュオンは、同じ大学の後輩でした。

 

ナビは、とっさに初めて会ったふりをします。

ジュオンが店員に接している様子から、女性慣れしていることが分かり、ナビを特別に思っているわけではないと感じるのでした。

 

しかし、甘いマスクで優しいジュオンに、ナビは心惹かれてしまいます。

ジュオンから「アイスを買いに行こう。」と誘われ、ついていくナビ。

 

「会いたかった。」と伝えてくるジュオンに、心が揺さぶられます。

その日は、そのまま別れますが、ナビは大学でジュオンの姿を探してしまうのでした。

 

やっと、作業場でジュオンに会えます。

ジュオンの作品は、「ナビ(蝶)」で、他の女の子にも動画を見せていました。

 

その様子から、ジュオンが別れたばかりの彼と同じように思えてしまうナビ。

夜、ナビが作品を創作している時、ジュオンが来て静かにナビをスケッチして共に時間を過ごしました。

 

夜桜が美しい大学の構内で、「遠くに行きたい。」と、つい本音を漏らしてしまったナビに、優しく接するジュオン。

二人は、電話番号を知らせ合い、見つめ合うのでした。

第2話の内容はこちら >>

 

わかっていても 1話の感想

大学の構内に咲き乱れる桜が、本当にきれいでした。

彫刻の作品も美しく、ドラマの世界を楽しむことができました。

 

ナビは可愛らしく、感性も豊かで、将来のこともしっかり考えている学生さんです。

応援したい気持ちになりました。

 

しかし、お母さんとの間に少し確執があるように思えました。

お母さんが再婚されていて、なかなか実家に帰りたくないというようなニュアンスを感じました。

 

ジュオンは、イケメンで優しく素敵ですが、あまりに危険な匂いを漂わせています。

積極的にアプローチしてくるけれど、女性慣れしているので、信じ切れないなと思わせます。

 

こんな彼に近づいてはいけないと分かっていても、甘い罠にはまってしまうというのがタイトルの意味なのかなと考えながら、1話を視聴しました。

ナビという名前が蝶に由来していることも、ドラマのテーマとつながっているようです。

 

ジュオンの首に蝶のタトゥーが描かれているのも、テーマに関係しているのでしょうね。

第2話の内容はこちら >>

 

スポンサードリンク

わかっていても 第1話についてまとめ

韓国ドラマ「わかっていても」の第1話では、彫刻を学ぶナビがイケメンのジュオンと出会います。

ジュオンは、ナビと同い年ですが後輩にあたります。

 

女性慣れしているジュオンに、ナビは心を揺さぶられてしまうのでした。

第2話の内容はこちら >>

 

公式LINEの友達追加はこちら

 

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました