恋慕 17話のネタバレあらすじ解説と感想/ジウンの婚約

恋慕 17話 ネタバレ あらすじ 解説 感想恋慕

<<前話の内容



ヒョンソルはギジェの武器の帳簿を手に入れますが、亡くなってしまいました。

フィは、ヒョンソルを失い、喪失感に襲われます。

この記事では、「恋慕」17話のネタバレあらすじの解説と感想についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

恋慕 17話のネタバレあらすじ解説

フィがチャンウン君に襲われたと聞き、ヒョンは急いで駆けつけてきました。

自決したとばかり思っていた叔父が生きていて、しかもフィを狙ったということに驚いたのです。

ヒョンは、兄のウォンサン君に事情を聞いてみようと思います。

一方、企みが失敗に終わったウォンサン君は焦りを感じていました。

大妃を訪ねますが、事件があったにも関わらず王宮が静かであることから、フィが秘密を隠していると確信します。

ヒョンに対して、「計画がうまくいきそうだ。」と言うのでした。

その後、王宮でフィとジウンの噂が広まり始めました。

フィが男色で、ジウンに夢中だというものです。

心配したキム尚宮は、フィに会うのを暫くやめるように、ジウンに助言します。

ところが、毒草のことで会っているジウンとフィの姿をハギョンが見てしまいました。

ハギョンは泣きながら、中宮殿に籠ってしまいます。

噂を心配した大妃が、フィとハギョンのために茶席を設け、ハギョンは「国の母としての務めを果たしたい。」と、懇願するのでした。

ギジェは、チャンウン君が妓楼に出入りしているという話を聞き、ソクチョに探し出すよう指示します。

そして、王宮でのジウンの噂がフィのためにならないと判断し、ソクチョに警告します。

ソクチョは、息子の行方のことも考え、ソウンとの婚姻話を進めることにしました。

ソウンは、もともとジウンを好きだったので、父のヨンスに頼んで、婚約の話は一気に進みました。

ところが、自分の知らないところで婚約話が進み、母が生き生きと準備をしているのを見て、ジウンは驚きます。

あくまでも拒否しようとするジウンに、ソクチョはフィの秘密を知っていることや、家族を守るためなら何でもするという決意を語りました。

父がまた、殺人をも侵しかねないと悟ったジウンは、フィのために婚約を受け入れる覚悟をします。

そしてソクチョは、フィの秘密を嗅ぎまわっていたチャンウン君を見つけ出し、殺してしまいました。

ジウンは、フィに別れを告げます。

引き止めようとしても決意が固いジウンに、フィは「王命である。止まれ。」と、命じます。

しかし、ジウンは「申し訳ありません。」と、背を向けるのでした。

第18話の内容はこちら>>

 

恋慕 17話の感想

どんな障害があろうと、二人で支え合っていこうと約束したジウンとフィでしたが、噂には勝てませんでしたね。

「人の口に戸は立てられない」という諺通り、面白おかしい噂は、あっという間に広まってしまいます。

王宮の中で品位は保っているとはいえ、愛し合っている二人が見つめ合うと、何か違う空気が流れ、隠しきれないことでしょう。

ソクチョも、父としてそこを心配したのだと思います。

同じ噂でも、王妃のハギョン、外祖父のギジェ、ジウンの父のソクチョでは、受け止め方も違ってくるなとも感じました。

何が何でもフィの愛がほしいハギョン、王を飾りとして支配したいギジェ、息子の幸せを願うソクチョ。

また、ソクチョは誤って本物の世孫を殺したという十字架も背負っています。

そして、そのことをギジェに悟られてはいけません。

立場が違えば願いも違いますが、ジウンとフィの噂を手放しで喜べないのは三人とも同じです。

そんな気持ちがベクトルとなって、ジウンとソウンの婚姻話が一気に進んだような気がします。

ジウンのお母さんも、本当に生き生きと結婚の準備をしていました。

本来なら、家柄も釣り合って、人柄も良いお嬢さんだからハッピーなことなのですが、ジウンが王を好きであるだけに、なかなかすんなりとはいきません。

このまま、ジウンとソウンが結婚しても、それなりに幸せになりそうな未来は予測できますが、おそらく、もう一波乱か二波乱があるのでしょう。

フィもこのまま、ギジェにやられっぱなしというわけにもいかないと思います。

ジウンが探っていた毒草が、切り札となりそうです。

第18話の内容はこちら>>

 

スポンサードリンク

恋慕 17話についてまとめ

王宮の中で、ジウンとフィの仲が親密であるという噂が流れます。

心配したソクチョは、ソウンとの婚姻話を進めました。

初めは拒否していたジウンでしたが、噂を消してフィを守るため婚約する覚悟を決めます。

フィはジウンを止めますが、ジウンは涙ながらに別れを告げるのでした。

第18話の内容はこちら>>

 

タイトルとURLをコピーしました