わかっていても 10話のネタバレあらすじ解説と感想/ナビが出した結論

わかっていても

第9話でナビは、ジェオンから「付き合おう。」と、提案され悩みます。

作品も教授から認めてもらえず、落ち込んでしまいました。

この記事では、韓国ドラマ「わかっていても」 10話のネタバレあらすじの解説と感想についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

わかっていても 10話(最終回)のネタバレあらすじの解説

ふりしきる雨の中で、ナビはジェオンに「二度と現れないで。」と告げます。

家の中に入り、「愛ではないとわかっていた。」と、号泣するナビでした。

 

ジェオンは、ナビを傷つけ、二人の関係を自分がぶち壊したと、一睡もできませんでした。

大学で、ナビはジェオンを避けます。

 

しかし、ナビの卒業制作の作品が、天井からファンが落ちてきてしまい、壊れてしまいました。

呆然とするナビに、教授たちは「本人が決めることだから。」と、見守る姿勢をとります。

 

心配したソルは、ジェオンに電話をしました。

驚いたジェオンは、ナビの元に来て「やり直そう。作品ができたら、二度と君の前には姿を現さないと約束する。」と、言うのでした。

 

それから、ナビは作業に集中します。

ジンスも助手として、必死に手伝ってくれました。

 

ジェオンは、羽の部分をナビのイメージ通りに作って助けます。

やっと作品が仕上がり、ナビがジェオンに「ありがとう。」と言いいました。

 

ジェオンは「君は作業をしている時が一番、幸せそうだ。頑張れよ。・・・それとお先に。」と、言葉を噛みしめながら伝えてくれました。

ナビは、思わず涙を流してしまいます。

 

ジェオンは、荷物をまとめ、飼っていた蝶も逃がし、ジンスを通じてナビのノートも返却しました。

それから、ジェオンは学校に姿を見せませんでした。

 

ナビは、ジンスから受け取ったノートを見て、ジェオンの言葉を思い出します。

それは、ナビが元の彼氏から恥ずかしい思いをさせられた展示会のことでした。

 

その展示会で、ジェオンはナビを見かけ、後に再会したときに運命を感じたと、伝えていたのです。

ジェオンは、ナビと出会ったときの絵をノートにスケッチしていました。

 

ナビは、ジェオンの家を訪ね、電話をかけますがつながりませんでした。

ナビたちの作品の展示会が始まりました。

 

ナビは、ジェオンからもらったブレスレットをつけていきました。

ナビの作品は、好評で教授からも褒められます。

 

でも、ナビは何故か素直に喜べないのでした。

ドヒョクも花束をもって駆けつけてくれました。

 

そこへ、ジェオンが来て、ナビは追いかけます。

その後、飲み会もありましたが、ナビはジェオンを想って、ギャラリーに向かいます。

 

ギャラリーのナビの作品の前には、ジェオンがいました。

ナビは、ジェオンと抱き合うのでした。

第11話の内容はこちら>>

 

わかっていても 10話(最終回)の感想

傷つくと分かっていても、後悔すると分かっていても、ナビが選んだのはジェオンでした。

結末がすごく気になっていたので、ネット検索をしてしまいました。

 

原作漫画ではドヒョクを選ぶことになっていたものの、ドラマではどうなるか分からない展開だったので、最終回がとても楽しみでした。

今、自分がしたいことを選び、付き合いたい人を決めて、自分の責任で行動するナビは、かっこいいです。

 

ラストで、ナビの方から「付き合おう。」と言ったのも、潔いし、ナビの成長を感じました。

これからもパリ留学とか就活とか、いろいろあるでしょうが、ナビなら自分で選択して、痛みを感じても自分で責任をとっていきそうです。

 

ドヒョクの姿を見かけ、思わずジェオンとつないだ手を離しそうになったナビが、自分から手を伸ばしていたシーンに、ナビの心が良く出ていて、心地よいドラマの終わり方でした。

 

ドヒョクも動画が売れて成功への道を歩んでいるようだし、ソルやビンナも大学院の先輩たちも、それぞれハッピーな方に向かいそうです。

 

スポンサードリンク

わかっていても 10話(最終回)についてまとめ

ナビは、ジェオンを避けます。

しかし、作品が壊れてしまい、ジェオンたちの献身的な助けによって、教授からもほめられる作品を創り上げるのでした。

 

「作品に集中している時が一番幸せそうだ。」と、ジェオンに言われ、自分自身をさらに見つめ、ジェオンと「付き合おう。」と決めたナビでした。

 

 

公式LINEの友達追加はこちら

 

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました