太陽の末裔 19話のネタバレあらすじ解説と感想/帰国後のシジンとモヨン

<<前話の内容はこちら

モヨンは、アーガスを撃って泣いているシジンを慰めます。

そして、シジンを受け止める覚悟を決めたことを伝えるのでした。

この記事では、「太陽の末裔」19話のネタバレあらすじの解説と感想についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

太陽の末裔 19話のネタバレあらすじ解説

モヨンは帰国後、退職届を理事長に提出します。

しかし、開業のための融資を受けることができず、病院に留まることになりました。

モヨンは、過酷な救急の現場を任されます。

一方、シジンとデヨンも帰国し、休暇が与えられました。

二人が泥酔しているところに、モヨンも合流します。

始めはあきれていたモヨンでしたが、自分もお酒を飲むと酔いつぶれてしまいました。

酔ったモヨンをアパートに連れて行くシジン。

すると、そこにはモヨンのお母さんが来ていました。

翌日、あまり覚えていないモヨンとシジンは、カフェでデートをします。

ところが、シジンにまたしても派遣命令の電話がかかってくるのでした。

シジンは、モヨンと映画に行く約束をすると、北朝鮮への任務に就きます。

北朝鮮では、以前、ナイフで闘った兵士もいました。

束の間の交流を終え、韓国に戻り、モヨンの病院に向かうシジン。

シジンは、病院のエレベーターで理事長と会い、牽制をするのでした。

第19話の続きの内容はこちら>>

 

太陽の末裔

太陽の末裔 19話の感想

デヨンが退職届を書いているシーンが、印象的でした。

ミョンジュのことを選んだ結果だと思いますが、複雑な感情が伝わってきました。

しかし、北朝鮮への任務に参加していたので、すぐに辞めるわけではないと分かり、安心です。

やはり、デヨンはシジンといいコンビだから、ずっと一緒に仕事をしてほしいなと思いました。

シジンが、モヨンのお母さんに会い、自分は古い人間と言っていたのが好感がもてました。

あくまでも、モヨンを大切に思う気持ちにあふれています。

アーガスとの戦いや災害復旧を終え、韓国では、平和な日々が過ぎているようです。

このまま、ハッピーエンドというわけではないと思うので、どんな一波乱が起こるのかなと思います。

理事長とは三角関係になりそうにもないと思うので、理事長の嫉妬がらみの軍への圧力でしょうか?

第19話の続きの内容はこちら>>

 

スポンサードリンク

太陽の末裔 19話についてまとめ

シジンとデヨンも韓国に帰ってきました。

映画デートをする約束をしていたシジンとモヨンでしたが、シジンに派遣命令が出て、また延期になります。

北朝鮮の任務を終えたシジンは、モヨンの病院で理事長と出会うのでした。

第19話の続きの内容はこちら>>

 

太陽の末裔
タイトルとURLをコピーしました