太陽の末裔 18話のネタバレあらすじ解説と感想/シジンを受け止める覚悟を決めたモヨン

<<前話の内容はこちら

モヨンが、アーガスの組織に拉致されてしまいました。

シジンは、国際問題に発展しないように、軍服を脱ぎ身分証を置いてモヨンを救出します。

この記事では、「太陽の末裔」18話のネタバレあらすじの解説と感想についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

太陽の末裔 18話のネタバレあらすじ解説

帰国が迫ったモヨンたちは、最後の回診を行います。

ミョンジュに「退院してもいい。」と告げると、逆に肩に受けた銃の傷を見られてしまいました。

ミョンジュからも「退院してよい。と言われ、医療チームのスタッフたちは笑いをこらえます。

回診を終えたモヨンは、シジンのことを思い出します。

それは、アーガスと笑顔で撮った写真をもって、一人でシジンが座っていた夜のことでした。

シジンは、アーガスを殺害したことに思いを馳せ、号泣ししていました。

モヨンは、その時、シジンの目に手をあて「忘れていい。」と、慰めたのです。

モヨンがシジンのことを思っていると、目の前にシジンが現われます。

モヨンは、シジンに珈琲を持ってきてもらい、「あなたのことを受け止めます。」と、抱きつきました。

一方、お化け村の少女は、シジンの行きつけの店主が預かってくれることになり、モヨンは安心します。

韓国に帰ったモヨンは、医療チームのスタッフと、新たな気持ちで病院の仕事に復帰します。

第18話の続きの内容はこちら>>

 

太陽の末裔

太陽の末裔 18話の感想

ミョンジュとモヨンの意地の張り合いが面白かったです。

ミョンジュが病気の時は、互いにいたわり合っていたのに、喧嘩を始めたのは、ミョンジュが元気になった証拠かもしれません。

モヨンの肩をさっと診るミョンジュは、できるお医者さんのようでかっこよかったです。

モヨンの銃の傷は、シジンが爆弾を外すために銃で撃ったものです。

数ミリそれていたら、大変なケガになるところでした。

シジンの腕前も、たいしたものです。

18話では、モヨンとミョンジュの確執の原因が明らかになりました。

どうやら、モヨンが好きだった彼氏がミョンジュを誘ったことに原因があるようです。

シジンとデヨンが彼女たちのために作った料理のメニューから、その話が暴露されてしまいました。

CAと合コンした写真で、相当、ひどい目に合っていたシジンたちです。

今回はモヨンたちが責められ、うろたえている様子が本当に可笑しかったです。

まさに、平和の象徴ともいえるじゃれあいでした。

第18話の続きの内容はこちら>>

 

スポンサードリンク

太陽の末裔 18話についてまとめ

モヨンたちは、韓国に帰ることになりました。

モヨンは、アーガスを撃って泣いているシジンを慰めます。

そして、シジンを受け止める覚悟を決めたことを伝えるのでした。

帰国した医療チームは、新たな気持ちで仕事に復帰します。

第18話の続きの内容はこちら>>

 

太陽の末裔
タイトルとURLをコピーしました