トッケビ 13話のネタバレあらすじ解説と感想/パクチュンホンを斬ったトッケビの最期

<<前話の内容はこちら

パクチュンホンの幽霊が現われ、ウンタクに、死神がワンヨであると言い放ちます。

死神はサニーにキスをし、前世での王妃や王、シン将軍、パクチュンホンの関係が明らかになってきました。

この記事では、「トッケビ」13話のネタバレあらすじの解説と感想についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

トッケビ 13話のネタバレあらすじ解説

死神が前世で王ワンヨと分かり、トッケビは「900年ぶりにご挨拶をいたします。」と言います。

しかし、死神は記憶がないので、とまどい、トッケビたちにどんな罪を犯してしまったのかと不安にさいなまれるのでした。

トッケビは、自分を殺害するよう指示したワンヨと同居する気にはなれず、ドクファの家に行きます。

ウンタクは、サニーが混乱していることを心配し、サニーの家に泊まることにしました。

その頃、パクチュンホンは、死神の後輩の女の幽霊に会っていました。

その幽霊は、前世の高麗時代、パクチュンホンに指示され、毒の煎じ薬を運んだ女官でした。

パクチュンホンは、現代でもウンタクの母を車ではねた犯人や、ウンタクを屋上から落とそうとした犯人を操っていたのです。

突然、死神の仕事場の鐘が鳴りました。

やって来たのは、死神の世界の監査チーム。

死神が名簿をトッケビに教えたり、トッケビの事故処理のために記憶の操作をしたりしたことが問題となっていたのです。

死神は、罰を受けることになりました。

それは、自分が犯した罪と対面することです。

死神は、王ワンヨだった頃のことを思い出します。

一心不乱に王妃の絵を描き、描き終わると女官に命じて、毒と知りながら煎じ薬を大量に持って来させていました。

ワンヨの大罪は、自ら命を絶ったことだったのです。

自分の罪を知った死神は、謹慎処分を言い渡されました。

死神が呆然と、王妃の掛け軸を見ていると、トッケビがやって来て「見る資格はない。」と、取り上げます。

トッケビは、神から与えられた質問の答えを探していました。

猶予期間は、残り二日間です。

死神と話すうちに、トッケビは自身を貫いている剣でパクチュンホンの幽霊を斬ることが使命ではないかと考えるようになります。

そして、ウンタクの力を借り、パクチュンホンを斬りますが、それは、同時にトッケビの最期を迎えることにつながっていました。

第14話の内容はこちら>>

 

トッケビ 13話の感想

パクチュンホンとの戦いに向けて着々と準備をするトッケビの姿は、まさに武人そのものでした。

そして、戦いに勝ち、「ご命令通り、勇ましく死んでいきます。」と、死神にかけた言葉も、胸にぐっときました。

しかし、一人の人間としては、ウンタクとの初雪の誓約書を守ろうとしていることがひしひしと、伝わってきました。

「愛の不時着」のドラマでも、初雪と恋の関係が深いことが取り上げれられていたことを思い出します。

韓国のカップルたちは、初雪に相当、ロマンチックな意味づけをしているようです。

この場面は、今後、トッケビが亡くなってしまった後、悲しみにくれているウンタクが初雪を待ち焦がれることを予想させます。

神のご加護により、ウンタクの記憶は消されていくのでしょうが、初雪に胸疼く感じは残り、きっと、トッケビと再会するはずです。

ウンタクが29歳になった時、カナダで「代表!」と呼びかけていた謎が、まだ解消できていません。

トッケビは、その顔も分からない代表に、さんざん嫉妬していましたが、おそらくトッケビの生まれ変わりのような気がするし、トッケビであってほしいと切に願います。

また、死神もパクチュンホンとの因縁が切れたので、何とか罪が解消され、サニーと良い方向に向かってほしいです。

死神は、現代では死神らしく白い顔で少し特殊なメイクをしているようですが、高麗時代のワンヨは疲労感を漂わせながらも王の品格があり、素敵でした。

王妃の若いころを演じているキムソヒョンさんは、「王女ピョンガン」の主演や「仮面の王イ・ソン」のヒロインを務められている女優さんです。

キュートで美しく、時代劇もしっかり演じることができる実力派と、感心しています。

第14話の内容はこちら>>

 

スポンサードリンク

トッケビ 13話についてまとめ

パクチュンホンは、死神の女性の幽霊を操り、トッケビへの恨みを果たそうとします。

トッケビは、死神の正体が分かり悩みながらも受け入れ、パクチュンホンとの戦いに臨みました。

ウンタクの力を借り、自らを貫いている剣を抜いて、パクチュンホンを斬り倒します。

しかし、剣を抜いたことで、トッケビの命も尽きてしまいました。

第14話の内容はこちら>>

 

タイトルとURLをコピーしました