太陽の末裔 22話のネタバレあらすじ解説と感想/シジンとデヨンが戦死?

<<前話の内容はこちら

南北会談にやってくるチェ部長の悪事が分かり、シジンは北朝鮮の兵士を助けます。

会談も無事に終わり、シジンとモヨンは約束の映画デートを病室で楽しむのでした。

この記事では、「太陽の末裔」22話のネタバレあらすじの解説と感想についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

太陽の末裔 22話のネタバレあらすじ解説

デヨンは、ミョンジュを食事に誘います。

ミョンジュが瘦せているのを気にかけていたのです。

ミョンジュは、今の二人の状況をはっきりさせたいと迫ります。

デヨンは、「お前に向かって行っている。」と、理解を求めました。

しかし、ミョンジュは、自分が父と縁をきると言います。

デヨンは、ミョンジュが出世することをよく分かっていました。

「次は別れるかどうか、返事を聞かせて。」と言うミョンジュ。

次の日、デヨンは司令官から呼ばれました。

3ケ月の作戦に参加するか、今すぐ軍人を辞めるかを決めろというのです。

デヨンは、作戦参加を選びます。

その後、シジンとデヨンは、任務の途中で撃たれてしまいました。

チームの仲間も応答がない二人を心配し、ヘリで向かいます。

二人がいたところで爆発が起きてしまいましたが、捜索しても死体は、見つからないままでした。

二人の戦死の知らせを聞き、呆然とするモヨンとミョンジュ。

それぞれ遺書を手にして、号泣します。

時が経ち、モヨンとミョンジュは、忙しい日常の中でなんとか励まし合って暮らします。

第22話の続きの内容はこちら>>

 

太陽の末裔

太陽の末裔 22話の感想

ミョンジュが怒っているのは、デヨンが自分らしさを発揮せず、軍を辞めるというからだと思います。

しかし、軍を辞めるという大きな代償を払い、自己犠牲をしてまでもミョンジュを選んだというデヨンの覚悟も素晴らしいです。

どちらも、互いに相手のことを思っているのに、すれ違ったまま、デヨンは3ケ月の作戦に行ってしまいました。

司令官も、すぐ退職届にサインしないで、デヨンに作戦に参加するかどうかをゆだねたのは、デヨンのアイデンティテイを尊重していたからだと思うのです。

デヨンは、ミョンジュと違ってエリートコースではないかもしれませんが、仕事に誇りをもち、現場で叩き上げた経験やスキルは、ずば抜けているように見えます。

司令官も、デヨンが可愛くて仕方ないように見えます。

22話は、そんなデヨンが戦死してしまうというショックな回でした。

シジンに付き添い、最後まで体をはって庇っていたデヨンも撃たれてしまいました。

まさか、二人が戦死したまま、ドラマが終わることはないと思います。

次回のミラクルに、大いに期待しています。

第23話の内容はこちら>>

 

スポンサードリンク

太陽の末裔 22話についてまとめ

デヨンは司令官に呼ばれ、今すぐ軍を辞めるか作戦に参加するかの決断を迫られます。

デヨンは、シジンと共に3ケ月の作戦に参加することになりました。

しかし、任務の途中で二人は銃で撃たれ、爆発も起きてしまいます。

仲間が捜索しましたが、二人の死体は見つからないのでした。

第23話の内容はこちら>>

 

太陽の末裔
タイトルとURLをコピーしました