太陽の末裔 21話のネタバレあらすじ解説と感想/約束の映画デート

<<前話の内容はこちら

シジンは銃で撃たれてしまった兵士を守ろうとし、自分も狙撃されてしまいます。

モヨンの病院で治療を受けている時、兵士の身体にチップが埋め込まれていることが分かりました。

この記事では、「太陽の末裔」21話のネタバレあらすじの解説と感想についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

太陽の末裔 21話のネタバレあらすじ解説

シジンと北朝鮮の兵士は、同じ病室でした。

しかし、その部屋はシジンの上司らによって、盗聴されていました。

シジンは、モヨンに協力してもらって、CT室で兵士と話します。

兵士は、北朝鮮の訓練を受けた特別な隊員が、犯罪組織の殺し屋になっている状況を説明します。

そして、病室を抜け出そうとしますが、シジンに阻まれてしまいました。

シジンに「助けてくれ。」と、頼む兵士。

兵士は、自分に指令を出したチェ部長の怪しさも見抜いていました。

そして、命令を聞いた自分が狙われてることも分かっていたのです。

兵士の置かれた状況を理解し、デヨンと協力して動くシジン。

チェ部長は、兵士とホテルで会いますが、兵士は胸を撃たれてしまいます。

チェ部長は、そのまま南北の会談に向かいます。

ところが、チェ部長の悪事は、全てばれていました。

実は、兵士を屋上から狙撃したのはシジンでした。

シジンは、急所を外していました。

兵士は、撃たれる前、チップの暗号解読につながる言葉を叫んでいたのです。

事件が解決し、南北の離散家族も会えることが決まりました。

シジンとモヨンは、病室で約束の映画デートを楽しむのでした。

第21話の続きの内容はこちら>>

 

太陽の末裔

太陽の末裔 21話の感想

21話は、南北問題がテーマになっていました。

同じ韓国語を話す民族なのに、歴史によって引き離され、様々な問題を抱えています。

北の兵士も、シジンたちも祖国を想う気持ちは一緒です。

亡命を尋ねるシジンたちに対して、兵士は祖国で死にたいと答えました。

特殊な任務にあたっている兵士の悲哀を感じます。

シジンは、モヨンの目を盗んで病室を抜け出し、兵士が殺されてしまうのをうまく阻止しました。

そして、暗号も分かったのだから、見事な成果です。

でも、医者のモヨンに叱られるのを避けようとして、デヨンと画策している姿が本当にかわいかったです。

ミョンジュは、デヨンと再会しました。

シジンがデヨンに言った「人生を賭けた女性を追いかけろ。」は、すごくいい言葉です。

デヨンとミョンジュのことなので、きっと二人で乗り越えて、さらに素敵なカップルになっていくことと、期待しています。

第21話の続きの内容はこちら>>

 

スポンサードリンク

太陽の末裔 21話についてまとめ

シジンは、盗聴されていない部屋で、北朝鮮の兵士の状況を聞きます。

南北会談にやってくるチェ部長の悪事が分かり、シジンは兵士を助けるのでした。

会談が無事に終わり、シジンとモヨンは約束の映画デートを病室で楽しみます。

第21話の続きの内容はこちら>>

 

太陽の末裔
タイトルとURLをコピーしました