九尾狐伝 6話のネタバレあらすじ解説と感想/ヨンを助けるために狐玉を差し出すジア

<<前話の内容はこちら

姉妹の事件を解明したジアとヨンは、共に酒を飲みながら距離を縮めていきます。

社長の家の赤ちゃんは、驚くほどの早さで少年になりました。

少年の首や手には、鱗の模様があります。

この記事では、「九尾狐伝」6話のあらすじと、感想をまとめます。

 

スポンサードリンク

九尾狐伝 6話のネタバレあらすじ解説

民俗村のジアとヨンは、占い館を通りかかります。

前世をみてもらおうとしましたが、占い師は、スマホアプリをかざし、怪しい雰囲気です。

ヨンは、呆れてジアを連れ出します。

その後、占い師のもとに来たラン。

ランは、前世が見える虎の眉毛を要求しました。

占い師は、交換条件にランの「一番大切な物を差し出せ。」と、言います。

自分の大切な物が何かを考えこむランでした。

その頃、ヨンとジアは、使道を訪ねていました。

ジアの両親がいなくなった経緯について、情報を得るためです。

しかし、使道は、部下たちを集め、ジアとヨンを取り囲みます。

ヨンは、「5分待って。」と、ジアを安全な場所に連れて行き、部下たちと激しく闘うのでした。

その後、ヨンと使道の一騎打ちも始まります。

心配そうに闘いを見守るジア。

ヨンは何とか勝利しましたが、実は、使道はヨンの親友で四神の一人でした。

ジアの両親の写真を見せると、紺色のスーツを着た男が事故に関わっていることを話してくれました。

その男は人間で、額に「西京」という入れ墨があり、両親ではなく娘を狙ったというのです。

使道はジアに聞こえないようにして、ヨンに「ジアが王の血筋であり、イムギの鱗の一部をまだ持っている」と、明かしました。

そして、ジアから離れるように忠告します。

また、ランが関わっていることも話します。

ヨンは、その男のもとに行くように靴に呪文をかけました。

しかし、ランの一番大切な物は兄のヨンであることを見抜いた占い師は、袋の中にヨンを入れてしまいます。

ランは虎の眉毛を貰って、ヨンが呪文をかけた靴をはいて出ていきました。

ヨンから、ランを見失わないようにと念をおされていたジアでしたが、袋の中に消えたヨンが心配で動くことができません。

占い師と交渉し、自分の大切な物を差し出そうとするジア。

家に帰り、両親からもらったオルゴールを持っていきますが、とうとう、狐玉をとられてしまいました。

ヨンは、狐玉をとられたことを知らずに復活します。

第6話の続きの内容はこちら>>

 

九尾狐伝 6話の感想

ランの一番大切な物が、兄のヨンであったことに、うるうるきました。

大好きな兄を倒そうとするのは、息子が父を乗り越えようとするセオリーなのかもしれないと、感じました。

ランがもう一回り心を成熟させて、兄との確執が解消出来たらいいなと思います。

ランに虎の眉毛が渡り、占い師が狐玉をもっているという構造は、次にどのような展開が予想されるのでしょうか?

死者名簿を扱う婆さんや、鱗の少年も千里眼からか、その情報を察知しているので、何かが起こりそうでスリリングです。

ジアの鱗は、イムギの片りんであることも分かりました。

ヨンとアウムが命がけでイムギと闘ったことに、関わりもあるようです。

これから、イムギ=少年と、ジアとヨンの闘いに発展していくような気がします。

でも、ジアの身体に鱗があり、イムギに憑依したようになったこともあるので、複雑です。

婆さんも、使道も、占い師も、ジアとヨンが一緒にいてはいけないと、口をそろえて忠告することと、関係がありそうです。

ジアとヨンはラブラブな感じですが、二人は敵同士になってしまうのかもしれません。

ジアは、ヨンが過去の初恋のアウムを自分に重ねているのは嫌だと、きっぱり言っていました。

自分の考えをしっかり持っている素敵な女性だと、感心しました。

反面、ヨンにとっては、ジア=アウムなのかなとも、考えられます。

ジアがイムギの鱗の片りんを持っていることと、両親失踪を関係づけて、ヨンは推理しているだろうなと思いました。

第6話の続きの内容はこちら>>

 

スポンサードリンク

九尾狐伝 6話についてまとめ

ランは、前世が見える虎の眉毛と兄のヨンを交換してしまいました。

ジアはヨンを助け出すために、一番大切な物を差し出そうとします。

両親からもらったオルゴールを差し出しましたが、受け取ってもらえず、狐玉を渡してしまうのでした。

ヨンは何も知らないで、復活します。

第6話の続きの内容はこちら>>

 

タイトルとURLをコピーしました