九尾狐伝 4話のネタバレあらすじ解説と感想/涙が狐玉に

<<前話の内容はこちら

島の漁師の家に、イムギの絵があるのを見たヨンとジア。

ランによって、ジアはイムギ復活の生贄にされそうになりますが、ヨンが何とか助け出します。

この記事では、「九尾狐伝」4話のあらすじと、感想をまとめます。

 

スポンサードリンク

九尾狐伝 4話のネタバレあらすじ解説

600年前、村人の願いをきいてきたヨンが山からいなくなってしまいました。

村の人々は、山に火をつけてしまいます。

ランは、山火事でヨンにもらった愛犬を亡くしてしまい、人間への怒りに燃えます。

村の人を皆殺しにしたランは、すさんだ生活をおくり、ただ目の前の人を殺すという日々を過ごしていました。

そんなランのもとに、ヨンが現れます。

大好きな兄に会えて、ランは喜びました。

しかし、ヨンは大王からの命を受け、罪のない人を殺すランを成敗に来たのです。

ランは、ヨンにお腹を斬られてしまいますが、ある男に命を救われました。

この男は、島でランから赤ちゃんを受け取った人です。

そして、ジアの働く放送局の社長でした。

一方、ジアは自分を助けてくれたお礼に、ヨンを晩御飯に招待します。

その後、同僚の母の葬儀に向かうジアに、お守りの小豆袋を渡すヨン。

ヨンは、ジアを助けるために巫女を殺してしまったので、罪を償うために雪山地獄に行きます。

ジアは、葬儀場でランに出会い、小豆袋を知らないうちに切られてしまいました。

その後、子供の姉妹のお化けに、命を狙われるジア。

ジアの身に危険が迫っていることを察知したヨンは、早く罪を終えるため刀山地獄に行きます。

飛んでくる刀をよけながら橋を進むヨンでしたが、脚に刀が刺さり、たくさんの傷を受けてしまいました。

それでも、ジアの言葉を思い出しながら、何とか橋を渡り切ります。

そして、子供たちのお化けに囲まれて落下したジアを空中で抱きかかえ、救いました。

傷だらけのヨンを見て、ジアは「死なないで。」と、涙を流します。

すると、ヨンが以前、贈った狐玉が現われ、きらきらと輝き二人を包むのでした。

ヨンは、狐玉を見て「待っていた。」と、つぶやきます。

第4話の続きの内容はこちら>>

 

九尾狐伝 4話の感想

とうとう、ジアがヨンの初恋の人の生まれ変わりと4話ではっきりしました。

また、ランが何故、兄へ闘いを挑んでいるのかも、少し理由が分かってきました。

大好きなお兄さんからもらった犬を山火事で亡くしてしまい、心に傷を受けたことが原因のようです。

人間に復讐をして、皆殺しにしたため、ヨンから刀で斬られてしまって、ひねくれてしまったラン。

ちょうど思春期のころで、心が成熟しきれないまま、心に大きなダメージを受けたので、反動が起きたのかなとも思いました。

そして、ジアの働いている放送局の社長さんが、ランを助けたということにもびっくりしました。

社長さんは、長生きする林檎を食べているようですが、とても怪しいです。

ランから預かった札の布にくるまれた赤ちゃんも、不気味です。

これから、ラン、社長さん、赤ちゃんが、ヨンとジアに何か仕掛けてくるのは間違いありません。

特に、赤ちゃんはスーパーな力を持っていそうです。

また、ヨンを実の息子のようにかわいがっている婆さんも、ヨンを思えばこそジアと引き離そうと、画策しそうだなと思います。

地獄の婆さんの衣装は、ハリーポッターの魔女のようでした。

このお婆さんは、衣装によってがらりと雰囲気が変わりますが、素敵な雰囲気を醸し出していて、気になる女優さんです。

地獄の様子も、ファンタジー性があふれていました。

ヨンがキリストのように鎖でつなげられているシーンも、美しさと悲哀感があり、印象的でした。

第4話の続きの内容はこちら>>

 

スポンサードリンク

九尾狐伝 4話についてまとめ

ランは、山からいなくなった兄の帰りを待っていましたが、村人に火をつけられ、愛犬を亡くしてしまいます。

村人に復讐するため、皆殺しにしたランをヨンは罪を償わせるために斬ったのでした。

ジアは子供のお化けに襲われ、真っ逆さまに落ちますが、傷だらけのヨンに助けられます。

ジアの涙は狐玉となり、ヨンの初恋の人の生まれ変わりだと、はっきり分かります。

第4話の続きの内容はこちら>>

 

 

タイトルとURLをコピーしました