九尾狐伝 16話(最終回)のネタバレあらすじ解説と感想/人間になったヨン

<<前話の内容はこちら

三途の川の婆さんを石に変えてしまったテリと、激しく闘うヨン。

ヨンは、テリの背中を刺すようにランに頼み、テリと共に三途の川に落ちていきました。

この記事では、「九尾狐伝」16話のあらすじと、感想をまとめます。

 

スポンサードリンク

九尾狐伝 16話(最終回)のネタバレあらすじ解説

ヨンがイムギを道連れに三途の川に落ちたことにより、疫病もおさまりました。

婆さんも、元の姿に戻ります。

ジアは、婆さんのもとを何度も訪ね、ヨンが生き返る方法を教えてほしいと懇願しますが、冷たくあしらわれるのでした。

しかし、婆さんは大王に何度も電話をし、イムギを退治したヨンの功績に免じて何とかしてほしいと、頼みます。

ランは、ヨンを失った悲しみで、毎日、酒浸りです。

自ら剣を刺してしまったことの苦しみから、なかなか立ち直れません。

シンジュは、ヨンに頼まれたことを地道にやっていきます。

まず、シンジュが訪ねたのはジア。

「普通の人のように平凡に幸せを」というヨンの願いを伝えます。

ランには、兄のように叱りつけ、ヨンのビデオメッセージを渡しました。

ジアは、「九尾狐伝」をまとめることを決め、ランやタニシの花嫁へのインタビューに精力的に取り組みます。

ユリへのシンジュのプロポーズの様子も、収録されました。

ランは、ユリやシンジュ、前世での愛犬の少年と共に、新しい家族をつくっていきます。

九尾狐伝も完成し、ジアの誕生日には、ヨンからウエディングドレスが届きました。

ヨンに頼んだことを思い出して、涙を流すジア。

一方、ランは占い師を訪ね、自分の寿命とヨンを交換するのでした。

狐の嫁入りの雨が降った日、ジアのもとに赤い傘が届けられました。

ジアは、ヨンの姿を見つけ、抱きつきます。

ヨンは、人間になったと言います。

そして、ランからのビデオメッセージを見るのでした。

ジアとヨンは、二人だけの結婚式を挙げ、幸せに暮らします。

人間になったヨンは、初めての歯医者など、新しい体験を次々にしました。

三途の川門番の夫妻を訪ね、人間になったので、もう二度とここには来ないと、挨拶をします。

しかし、満月の夜、外に出たヨンの眼は、黄金色に輝いているのでした。

 

九尾狐伝 16話(最終回)の感想

ヨンからランへのビデオメッセージは、愛にあふれたものでした。

「子犬を大切にしていた優しいランが、豹変したと思っていたけれど、お前は優しいままだ。」と言うヨン。

言い方もやさしくて、うっとりしました。

ランが口答えするのをお見通しで、「家族を大切にしろ。」と伝えます。

ランは、虐待されていたユリや少年を助け、新しい家族をつくりました。

本当に良かったです。

シンジュが、ラン、ユリ、少年たちの世話をかいがいしくしている姿も、可愛かったです。

ランは、生きていても仕方がないと荒れていたけれど、自分の家族ができたことで、幸せになりました。

けれど、寿命が価値あるものになり、ヨンとの交換になったというのも、何となく切ないです。

また、ランからヨンヘのビデオメッセージも、愛を感じました。

ひねくれているところがランらしく、ランのやんちゃぶりがドラマを盛り上げたと思います。

兄を想う気持ちが本物であることも、見る人の胸をうつものでした。

素敵な兄弟の絆だなと、うらやましくなりました。

ジアの誕生日に届いたウエディングドレスには感動しまくりです。

ヨンのタキシードも、美しかったです。

そして、人間になったヨンが、ジアにひっぱられて歯医者に行く様子は、大笑いでした。

このままハッピーエンドになるのかなと思っていたら、最後の最後にヨンの眼が黄金色に輝きます。

ヨンは、やはり九尾狐なんですね。

最後の最後まで、どんでん返しの連続で、面白いドラマでした。

 

スポンサードリンク

九尾狐伝 16話(最終回)についてまとめ

ヨンを失った悲しみにくれるジアでしたが、シンジュの励ましもあり、「九尾狐伝」をまとめます。

ランは、自分の寿命と交換してヨンを生き返らせるように、占い師と交渉します。

ヨンは、人間としてジアの前に、姿を現すのでした。

 

タイトルとURLをコピーしました