愛の不時着 5話のネタバレあらすじ解説と感想

Featured Video Play Icon愛の不時着

第4話でセリは、パラグライダーでの脱出も失敗してしまいました。社宅の奥様方にも馴染んできます。

ジョンヒョクは墓荒らし殺害の証拠を掴みました。

 

この記事では、

・愛の不時着 5話のネタバレあらすじの解説
・

愛の不時着 5話の感想

についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

愛の不時着 5話のネタバレあらすじを解説

社宅の奥様方と市場に来たセリは、迷子になってしまいました。

 

心配して探しにきたジョンヒョクが、アロマキャンドルを持っているのを見て、「心に火がついた」と言うのでした。

 

そこで、ジョンヒョクは、自分に本当の婚約者がいることを打ち明け、彼女はロシアに留学しているので、自宅には来ないと安心させます。

 

ところが、二人が家に帰ると、ダンが来ていました。

 

ジョンヒョクは、夜遅いのでダンを平壌まで車で送ると告げ、セリのことは同僚として紹介します。

 

ダンは帰りの車の中で、結婚するまでお互いを愛することができるように協力してほしいと頼み、ジョンヒョクも了承しました。

 

ダンの家に着くと、ジョンヒョクは夕食をご馳走になることになります。

 

ダンの叔父は、軍の中でも実験を持っている大佐でした。大佐に強引に誘われ、逆らうことができなかったのです。

 

ダンの家を後にし、ジョンヒョクは実家に向かいます。

 

父に対して素直に、今年中に結婚すると従ったうえで、あるお願いをするのでした。

 

一方、社宅ではダンの登場に大騒ぎになっていました。ジョンヒョクが、セリとダンの二股をかけていたと誤解されたのです。

 

夫の大佐に話すと憤るヨンエに、セリは慌ててロマンチックな織姫と彦星の話を持ち出し、社宅の奥様方を感動させるのでした。

 

セリは、ジョンヒョクが帰ってくるのを、ビールを飲みながら待ち続けます。

 

ジョンヒョクは朝になってやっと帰ってきました。

 

セリは、缶ビールを並べて部屋に線をつくり、「非武装地帯の線を越えないように」と、ジョンヒョクに告げるのでした。

 

実は、ジョンヒョクはお父さんに頼んで、セリが国際大会の選手団に紛れ込むことができるように手配をしていました。

 

そのため、パスポートの写真が必要になり、平壌まで行くことを説明しました。

 

セリは、平壌に行くことに備え、社宅の奥様方の助けを借りて髪型も変え、典型的な北朝鮮の女性へと変身します。

その後、服を買うためのお金がないので、質屋に高級時計を預けようとしますが、重さで値段が決まり、軽いお洒落な時計は、ほとんどお金になりませんでした。

 

チョルガンは、セリのことを怪しみ、ジョンヒョクの部下たちに尋問しますが、部下たちは口を割りませんでした。

 

そこへ、ジョンヒョクが現れ、訪ねたいことは「直接自分に聞け」と、すごみ、部下たちを連れて行きました。

 

その頃、韓国では、セリが発信したトランシーバーの「こちらセリ一号」の声が、セリの会社のチーム長と保険担当者によって確認されていました。

 

セリが生きていることを喜び、二人は警察に向かいます。

 

また、投資詐欺のスンジュンが北朝鮮にいることを知ったセヒョンは、スンジュンを中国に戻すように破格のお金で交渉するのでした。

 

そのため、スンジュンに平壌行きを勧めるチョン代表。

 

翌朝、セリとジョンヒョク、スンジュンとチョン代表を乗せた列車は平壌に。

 

ところが、途中で列車は止まってしまいます。復旧に13時間以上かかると聞かされ、驚くセリでした。

 

地元の住民たちが、薪や食事を持ってきて、外で火を焚きながら暖をとり復旧を待ちます。

 

いつの間にか眠ってしまったセリを肩に、星を見つめるジョンヒョクでした。

第6話の内容はこちら>>

 

愛の不時着 5話の感想

平壌までの列車の旅に驚くばかりでした。

 

車なら2時間あまりのところを、十時間以上かかり、途中で止まることは日常茶飯事なのですね。

 

列車の中でアコーディオンで盛り上げているのも、何か郷愁を誘う雰囲気でした。

 

野宿に備えて、住民の皆さんが品物を持ってきて売るので、もしかしたら経済活性のために列車が止まるのかなとも思いました。

 

列車の中より、外の方が寒くないというのも、すごいなと思います。

 

でも、火を焚きながら肩を寄せ合って、未来について語り合うセリとジョンヒョクは、思い出深い時間になったようですね。

 

セリのお兄さんと妻の陰謀で、スンジュンが危ない感じになりそうです。

 

ホテルでセリと出会ったので、セリにも危害がいうのではと少し冷や冷やします。

 

ジョンヒョクがしっかり守ってくれているから安心でしょうか。

 

チョルガンが執拗にジョンヒョクの周りを嗅ぎまわり、マンボクが板挟みになっているのも辛い感じですね。

 

マンボクはいい人なので、きっとジョンヒョクの味方をしてくれると信じています。

 

質屋の時計も、何かジョンヒョクのお兄さんがらみの伏線になっているようでした。

第6話の内容はこちら>>

 

スポンサードリンク

愛の不時着 5話についてまとめ

韓国ドラマ「愛の不時着」の第5話では、ジョンヒョクが、セリを国際スポーツ大会の選手として紛れ込ませ、帰国させる手はずを整えます。

 

パスポートの写真を撮るために、二人は平壌まで列車で向かいますが、その列車にはスンジュンも乗っていました。

 

スンジュンは、中国に帰らされてしまうのでしょうか。

第6話の内容はこちら>>

 

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました