トッケビ 死神役・イドンウクの俳優としての魅力と演技力

「トッケビ」の死神役を演じたのは、イドンウクです。

トッケビと友情をはぐくむ姿が素敵でした。

この記事では、次のことが分かります。

・トッケビ 死神役で知られるイドンウクの俳優としての魅力

・イドンウクの出演作品

・イドンウクの演技力の評価

 

スポンサードリンク

トッケビ 死神役で知られるイドンウクの俳優としての魅力

 

「トッケビ」の死神役で知名度を上げたイドンウク。

すらりとした長身に、黒い服や帽子がとても似合っていました。

イドンウクの魅力は、美しいビジュアルです。

どの角度から見てもA級で、まるで彫刻のようだという声もあります。

「トッケビ」で人気を博し、その後、本人いわくスランプに陥ったとのことです。

しかし、様々な役柄に挑戦し、演技の幅を確実に広げています。

年齢を重ねるほど、神秘的かつセクシーな魅力を増している俳優さんです。

 

イドンウクの出演作品

イドンウクは、1999年「道の外にも世界はある」でデビュー後、数々のヒット作品に出演しています。

 

「天命」では、李氏朝鮮の医官役を主演で演じました。

 

日本のテレビでも放映され、ファンを魅了した作品です。

 

「真心が届く」は、「トッケビ」のサニーと共演したラブコメディで、トッケビカップルとして注目されました。

真心が届くの視聴方法はこちら>>

 

「九尾狐〈クミホ〉伝~不滅の愛」は、伝説の霊獣とされる九尾狐を演じています。

 

都会に住み着いた九尾狐と、彼を追うプロデューサーとのファンタジーアクションドラマです。

九尾狐伝の視聴方法はこちら>>

 

イドンウクの演技力の評価

イドンウクの演技力は、高い評価です。

脇役でも、さすがの演技力と評されています。

「酒の国」では、主人公と対照的な役を演じて盛り上げました。

コメディも演じることができるし、お人よしの性格から闇をもったキャラクターまで演じきります。

役柄によって見せる顔が違うので、「本当に同一人物か」と思うほど、俳優としてのスペックを評価されています。

札幌でもロケが行われた「甘い人生」では、不倫の難しい役を表情で演じ、演技力の評価を上げました。

 

スポンサードリンク

トッケビの死神役・イドンウクについてまとめ

「トッケビ」の死神役を演じたのは、イドンウクです。

美しいビジュアルが神秘的で、年齢を重ねるほどセクシーな魅力が増している俳優です。

幅広い役を演じ、コメディタッチからどろどろした不倫のドラマまで、演じ切る演技力が、高い評価を得ています。

 

【こちらもオススメ】

イドンウクとユインナがお似合いと言われる理由/2度のドラマ共演で熱愛の噂も?

 

タイトルとURLをコピーしました