太陽の末裔 5話のネタバレあらすじ解説と感想/アラブのVIPの手術をめぐって

<<前話の内容はこちら

ミョンジュは、シジンと結婚させられそうになり、父を諦めさせるため偽装のカップルをデヨンに頼みます。

二人は本気で付き合いますが、デヨンは、ミョンジュのために身をひいたのでした。

この記事では、「太陽の末裔」5話のネタバレあらすじの解説と感想についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

太陽の末裔 5話のネタバレあらすじ解説

ダウンタウンからの帰り道、シジンは寄り道をしてモヨンを美しい浜辺へと連れて行きます。

白い石を拾ってモヨンに渡すシジン。

その石には、この場所にもう一度来たいという願いが叶えられる言い伝えがありました。

二人が駐屯地に帰ってくると、鉛中毒の疑いがある子供が、口から泡を吐いて倒れています。

後輩の医師と、応急措置をするモヨン。

その時、警報が鳴り響きました。

アラブのVIPの体調が悪化し、こちらに向かっているという情報が入ります。

患者のカルテは黒塗りがされており、皆目、状態がつかめません。

主治医もヘリコプターで向かっているとのことです。

しかし、一刻もはやく開腹をして処置をしなければ、命にかかわります。

VIPの側近たちは銃を構え、「主治医以外に、メスを入れてはいけない。」と、脅してきました。

本部の大隊長も、国際問題に関わるので、下手に手出しをしないようにと指示します。

シジンは、モヨンの医師としての姿勢を信頼し、本部とのイヤホンを外し、手術ができるための警護を仲間に命令をします。

韓国の軍人と、アラブの側近が銃を構えて睨み合う中、何とか手術を終えることができました。

けれど、VIPの意識は戻りません。

シジンは、責任を問われ、幽閉されてしまいます。

また、デヨンはミョンジュの父の命令で、急きょ、転勤することになってしまいました。

第5話の続きの内容はこちら>>

 

太陽の末裔

太陽の末裔 5話の感想

美しい浜へボートで向かう二人が、印象的でした。

限りなく青い海を、風をきりボートを運転するシジンが素敵でした。

白い小石の言い伝えも、とてもロマンチックです。

甘い雰囲気にうっとりしていたら、いきなり鉛中毒の子供が登場し、そのギャップに驚きま
した。

ウルクの情勢は、世界の責任でもあるような気がします。

純真な子供たちを守るための取組を推進するうえで、このように、ドラマで事実を教えてく
れることは、大変重要です。

また、アラブのVIPの手術をめぐり、国同士の思惑や文化、信条の違いも明確になってき
ました。

命を救うことは、何よりも大切にしなければいけないことなので、モヨンやシジンの立場に
賛成です。

しかし、正しいことをしても、責任を問われてしまうのが組織人の悲しい性だと、感じまし
た。

シジンの拘束を解くために、モヨンが何か一生懸命しそうな予感がします。

第5話の続きの内容はこちら>>

 

スポンサードリンク

太陽の末裔 5話についてまとめ

モヨンは、アラブのVIPの命を救うため、開腹手術をしようとします。

しかし、側近たちは、銃を構えて手術を阻止しようとしました。

シジンは、モヨンの手術が実行できるように、仲間に命令をします。

手術は成功しましたが、VIPの意識は戻らず、シジンは責任を問われてしまいました。

第5話の続きの内容はこちら>>

 

太陽の末裔
タイトルとURLをコピーしました