太陽の末裔 23話のネタバレあらすじ解説と感想/シジンとデヨンの生還

<<前話の内容はこちら

シジンとデヨンは任務中、銃で撃たれ爆発も起きてしまいます。

仲間が捜索しましたが、二人の死体は見つからないのでした。

この記事では、「太陽の末裔」23話のネタバレあらすじの解説と感想についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

太陽の末裔 23話のネタバレあらすじ解説

モヨンは、アルバニアに医療ボランティアに出かけます。

シジンの命日には、花を供えに砂漠に向かいました。

シジンと拾った白い石を置いて帰ろうとしますが、何回置いても転げてしまいます。

そして、無線機から「こちらビッグボス。」という声がするのでした。

シジンを想うあまり、幻聴が聞こえるようになったのかと不安になるモヨン。

すると、砂漠の向こうからシジンが現われました。

モヨンは「愛してる。」と、何度も言いながらシジンに抱きつきます。

一方、ウルクでは百年ぶりに雪が降っていました。

今は、小隊長になっているギボムと一緒にラーメンを食べるミョンジュ。

ミョンジュが外で、雪を手にとっていると、負傷した姿のデヨンが現われます。

デヨンは「返事が遅くなった。死んでもお前と別れない。」と、告げるのでした。

デヨンはミョンジュに治療してもらいながら、行方不明だった時のことを語ります。

シジンとデヨンを助けてくれたのは、北朝鮮の兵士でした。

兵士は、以前の恩返しをしてくれたのです。

第23話の続きの内容はこちら>>

 

太陽の末裔

太陽の末裔 23話の感想

やっぱり、ミラクルが起きました。

しかも、シジンの命日と思われていた日にです。

ウルクでも百年ぶりの雪というロマンチックな日に、二人が生きて帰ってくれて、本当に嬉しかったです。

二人を助けてくれたのが北朝鮮の兵士と聞き、またまた嬉しくなりました。

恩返しを「菓子の借りは返した。」と表現したのも、素敵でした。

シジンを幽霊と思い込む医療チームのスタッフの様子も、笑えます。

シジンとモヨンのラブラブぶりが過熱していきそうですが、いよいよ次は最終回です。

どんなラストになるのかなと、妄想がふくらみます。

できれば、シジンとモヨン、デヨンとミョンジュのダブルの結婚式の様子が見てみたいです。

最終回は、医療チームも軍の仲間も、それぞれハッピーで終わると期待しています。

第23話の続きの内容はこちら>>

 

スポンサードリンク

太陽の末裔 23話についてまとめ

モヨンがシジンの命日に、花を供えているとシジンが現われます。

一方、ウルクで百年ぶりに雪が降った日、ミョンジュの前にデヨンが生きて還ってきました。

シジンとデヨンを助けてくれたのは、北朝鮮の兵士だったのです。

第23話の続きの内容はこちら>>

 

太陽の末裔
タイトルとURLをコピーしました