太陽の末裔 16話のネタバレあらすじ解説と感想/ミョンジュの薬を取り返すデヨン

<<前話の内容はこちら

ダイヤを飲み込んだヨンスは、アーガスに捕まってしまいました。

シジンとデヨンは、ヨンスを救い出しますが、ヨンスは感染症にかかっていました。

手術を担当したミョンジュも陽性の疑いになってしまいます。

この記事では、「太陽の末裔」16話のネタバレあらすじの解説と感想についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

太陽の末裔 16話のネタバレあらすじ解説

自分が感染症の陽性だったと判断したミョンジュ。

抱きしめたデヨンを接触者として隔離するように、指示します。

シジンは、隔離されたデヨンに無線機を渡しました。

デヨンとミョンジュは「会いたい。」と、涙ぐみながら言い合います。

その後、停電が起こり、ヨンスの呼吸器も止まってしまいました。

チフンが駆け付け、応急措置をします。

チフンは、腕を嚙まれても心肺蘇生を続けました。

電気が復旧し、モヨンはチフンの手当てをします。

「噛まれたことで感染症の危険が高まった。でも、あなたは、立派な医者よ。」と、モヨンはチフンを励まします。

また、チフンが発電所で助けることができなかった若者も、「医者らしかった。」と、褒めてくれました。

チフンは、胸のつかえがとれ、やっと1か月ぶりに妻に電話をすることができます。

一方、ミョンジュは病状が悪化してきました。

ミョンジュは父に電話をし、様々な謝罪をすると共に、デヨンを辞めさせないように頼みます。

その後、ミョンジュは気を失ってしまいました。

薬の到着を待っていましたが、アーガスの組織が車を襲ったというのを聞き、デヨンは薬を取り返すのでした。

第16話の続きの内容はこちら>>

 

太陽の末裔

太陽の末裔 16話の感想

デヨンが涙を流しながら、「会いたい。」と伝える姿が心に残りました。

交際を無邪気に喜んでいたミョンジュでしたが、実は、お父さんの話を聞いていて、デヨンが辞めさせられるというのを知っていました。

免疫力がある若者が、感染症にかかるとかえって大変な状況になるというのが、リアル感があります。

昨今のコロナ禍と重なって、感染症は怖いなと感じました。

ミョンジュの容態は危険そうなので、とても気になります。

また、医師としての覚悟やスキルで悩み苦しんでいたチフンが、今回、やっと前向きになることができました。

もがいたことを糧として、医師として立派に成長したチフンを褒めてあげたいです。

アーガスが、ミョンジュの薬やワクチンを運ぶ車を襲ったのは腹が立ちました。

刺激しないようにと命令を受けていますが、何かと邪魔して来るアーガスと、戦わずにはいられないジレンマを抱えています。

米軍もからんで、もっと大きな闘争になりそうで心配です。

第16話の続きの内容はこちら>>

 

スポンサードリンク

太陽の末裔 16話についてまとめ

ミョンジュは感染症になり、隔離されます。

デヨンと無線機で思いを伝えあいますが、その後、危険な状態になってしまいました。

ミョンジュの薬を乗せた車が、アーガスの組織に襲われてしまいます。

デヨンは薬を取り返すのでした。

第16話の続きの内容はこちら>>

 

太陽の末裔
タイトルとURLをコピーしました