太陽の末裔 12話のネタバレあらすじ解説と感想/モヨンのシジンへの思いがスピーカーで流されて


<<前話の内容はこちら

災害現場から駐屯地に戻った夜、シジンは、「会いたかった。」と、本音をモヨンに伝えます。

翌日、シジンとデヨンは、倒壊した建物の地下三階の生存者の救出に向かいました。

この記事では、「太陽の末裔」12話のネタバレあらすじの解説と感想についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

太陽の末裔 12話のネタバレあらすじ解説

シジンは医療キットを持って、地下三階の生存者のもとに向かいました。

点滴と沈痛剤を投与しますが、生存者がかゆみを訴えます。

無線でモヨンに連絡すると、「鎮痛剤でアレルギー反応が出る患者がいる。もう少ししたら、喉にも腫れが出るかもしれません。」と、言いました。

デヨンは、フェニラミンという薬品も持参しようとします。

その時、大きな音と揺れが起きました。

余震が起きたのかと皆がびっくりしていると、発電所長のヨンスが重機を使って瓦礫の撤去を始めています。

そのため、地下三階への入り口は塞がれてしまいました。

シジンとの無線もつながりません。

デヨンはチームを集め、救出に向かいます。

やっとのことで救出された生存者の腕を見て、モヨンは驚きました。

シジンが的確に、カルテをマジックで腕に書いていたのです。

シジンやデヨンたちの懸命の努力により、行方不明者もゼロになりました。

駐屯地に帰ったモヨンは、スマホの音楽をスピーカーで流し、けが人たちを癒します。

ところが、途中から、モヨンが断崖の上で絶体絶命の時に、シジンへの思いを語った音声が流れ始めるのでした。

第12話の続きの内容はこちら>>

 

太陽の末裔

太陽の末裔 12話の感想

一難去ってまた一難です。

生存者のところにたどり着いたら、アレルギー反応。

薬品を持って救出しようとしたら、ヨンスの無茶苦茶な行動で、入り口が塞がれてしまいました。

ヨンスは、事務所にあるダイヤを運び出さないと、自分の命が危ないから必死のようです。

いっそ、シジンたちに本当のわけを言って、助けてもらったらいいのになと、思ってしまいました。

なんとか、シジンたちも外に出ることができてほっとしました。

シジンは、医学の心得もあるようで、腕にカルテを的確に書くのでびっくりです。

そして、モヨンが録音したボイスメモが良かったですね。

キスされてときめいていたとか、正直な気持ちを伝えるんだったとかというモヨンの声を聞いて、シジンがとても嬉しそうだったので、思わずにんまりしてしまいました。

第12話の続きの内容はこちら>>

 

スポンサードリンク

太陽の末裔 12話についてまとめ

地下三階の生存者も助け出したシジンたち。

シジンやデヨンたちの懸命な救出により、行方不明者はゼロになりました。

駐屯地でモヨンが皆を癒すためにスマホの音楽を流しますが、途中からモヨンのシジンへの思いの声が流れ出します。

第12話の続きの内容はこちら>>

 

太陽の末裔
タイトルとURLをコピーしました