流れ星 第8話のネタバレなしあらすじと見どころ/キス王子とよばれるテソン

「流れ星」第7話では、テソンがハンビョルに思いを告白しようと、あれこれ努力し失敗していました。

ユソンの計らいで何とか告白することができましたが、第8話では、ハンビョルの返事を聞くことができるのでしょうか。

 

スポンサードリンク

流れ星 韓国ドラマ

流れ星 第8話のネタバレなしあらすじ

ドアのインターフォンが鳴り、急いで扉をあけるテソン。

テソンが告白した後、悲鳴をあげて逃げたハンビョルが帰ってきたと思ったのです。

しかし、扉の前にいたのは、伝説の女優でした。

テソンは、冷たく対応し、ドアを閉めます。

テソンは、伝説の女優との関係を振り返ります。

テソンが共演女優とのキスシーンをする日、ハンビョルは仮病を使って撮影現場に行かないようにしようとしますが、結局、記者対応のために仕方なく現場に向かいます。

テソンは、一発でキスシーンを決め、スタッフから感嘆の声が漏れるのでした。

キスシーンは仕事のためだと、ハンビョルに言うテソン。

現場には、テソンと交際を噂されたヨハジンが現れます。

テソンは、ヨハジンとの交際報道を振り返るのでした。

 

流れ星 第8話の見どころ

見どころ①キスシーン満載

テソンのキスシーンは、さすがキス王子とよばれるくらい見応えがあります。

顔の角度や左右の方向を確認したり、共演女優さんをリラックスさせたりする気配りもですごいなと思いました。

スタッフや視聴者もうっとりしてしまうことに、納得です。
喧嘩ばかりしている若手俳優と新人女優さんのキスシーンも、なかなか素敵です。

若手俳優たちは、キスシーンに抵抗を示し、マネージャーたちになだめすかされていましたが、実際にキスシーン撮影になると、変化が起きていました。

本人たちの驚く表情も見どころです。

 

見どころ②伝説の女優とテソンの関係

伝説の女優と、テソンの関係が回想シーンで明らかになります。

テソンの生い立ちや背景から、テソンがツンデレで俺様キャラの性格になっていることも理解できました。

テソンがハンビョルに甘えたいのに、素直に甘えられないのは、伝説の女優との関係が大きく影響しているような気がします。

今後、このドラマの中で、伝説の女優とテソンの関係に変化が見られ、回収できるのかも大きな見どころになりそうです。

何はともあれ、大物女優のチェジウの貫禄と美しさが半端ないです。

 

見どころ③テソンの交際報道の真実

テソンがハンビョルを追いかけようとした時、過去にテソンと噂されたヨハジンが現れます。

元カノの登場で、ややこしい展開になりそうでした。

テソンとヨハジンの交際報道の対応で、ハンビョルは傷つき、今も素直になれないようです。

8話では、テソンの回想シーンで交際の真実が明らかになるので、必見です。

ヨハジンといえば、演じているムンガヨンの「その男の記憶法」の役名そのまま。

しかも、相手役のキムドンウクまで、流れ星8話に特別出演しています。

サービス精神にあふれたドラマ演出に、感動です。

 

見どころ④ハンビョルのデートの相手は?

ハンビョルは、スヒョクとテソンの二人から告白され、悩んでいます。

スヒョクから告白されたことを知っている友人たちは、ハンビョルにまずデートをするように勧めます。

スヒョクも夕食デートを申し込みました。

テソンも、ハンビョルを誘おうとしますが、なかなかうまくいきません。

ハンビョルが笑顔で、家を出るシーンが映し出されますが、果たしてどちらの男性のもとに向かうのでしょうか?

ハンビョルをめぐって、スヒョクとテソンがけん制し合い、火花を散らすシーンも面白いです。

 

見どころ⑤謎めいたイルミネーションの美しさ

テソンが、美しいイルミネーションの前で誰かを待っているシーンが素敵です。

恋人同士が待ち合わせるには、もってこいのロマンチックな場所です。

寒い中で白い息を吐きながら、周囲を見回し、今か今かと待っているテソン。

コートの胸ポケットの中から、リボンをかけた箱を取り出して、指輪が入っているのかと思わせる演出があります。

視聴者からすると、当然、ハンビョルを待っているかのように受け取れるのですが、まだ、謎のままです。

もしかしたら、ドラマ撮影の一場面かもしれいないので、次の展開が気になるところです。

 

スポンサードリンク

流れ星 韓国ドラマ

まとめ

流れ星8話は、テソンのキスシーンをめぐり、ハンビョルとぎくしゃくする様子が描かれます。

伝説の女優とテソンの関係や、テソンの過去の交際報道の真実も明らかになってきました。

第9話でハンビョルはデートをするようですが、相手は誰なのでしょうか?

第9話の内容はこちら>>

 

タイトルとURLをコピーしました