女神降臨 8話のネタバレあらすじと感想/修学旅行とスホの告白

前話でついに自分はスホが好きだということをはっきりと意識し始めたジュギョン。

しかし、スホは自分ではなくスジンが好きだと一人失恋をしていました。

この記事では女神降臨の8話のあらすじと感想についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

女神降臨 8話のネタバレあらすじ

修学旅行で、失恋したと思い込んでいるジュギョンはスホを避けつづけます。

ジュギョンが一人でいるところ見つけたスホは自分を避けている理由を聞くため、二人で散歩に行くと、川に小さなボートがあるのを見つけます。

ボートに乗った二人は一緒に写真を撮りますが、突然虫が出てきたことに驚き二人はボートから落ちてしまいます。

次の日、ずぶ濡れになったせいで体調を崩したジュギョンがバスの中で休んでいると、ソジュンが介抱しにやってきます。

後から現れたスホはソジュンの肩にもたれているジュギョンを見て、ソジュンを外に呼び出し、殴り合いの喧嘩をします。

スホは告白をするために友人を通してジュギョンを呼び出しますが、そこにやってきたのはジュギョンではなく、スジンでした。

ジュギョンはスホがスジンに告白できるようにと自分の代わりにスジンに行くように言ったのでした。

ジュギョンが一人でベンチに座っているとそこにソジュンが現れます。

自分の気持ちが抑えられなくなったジュギョンは、ソジュンに自分はスホが好きなんだと言いながら泣き出し、ソジュンはそれを慰めます。

また、ソジュンとジュギョンが一緒にいるところを目撃したスホ。

なぜ自分を避けるのか、なぜ泣いていたのか、ソジュンのことが好きなのかと問いただします。

そんなスホにジュギョンは、スジンのことが好きなのになぜ自分の泣いた理由や好きな人を聞くのか、自分に優しくしたり勘違いさせるようなことをするのはなぜかと怒ります。

ジュギョンが誤解していることに気が付いたスホは、自分が好きなのはジュギョンだと告白をして、キスをするのでした。

続きの内容はこちら>>

 

女神降臨 8話の感想

スホはスジンが好きなのだと勘違いをし続けて、失恋をしたと思い込んでいるジュギョン。

ジュギョンが自分をなぜ避け続けているのかわからないスホは、ずっとジュギョンを見つめますがそんな視線に気づかないジュギョンがとてももどかしい7話。

スホを避けていることにより、間にソジュンが入れる余地が生まれ、ソジュンもそこでジュギョンへのアピールを強めていました。

体調を崩したジュギョンを解放するシーンは、母のように病気で苦しむ人を見たくないという優しいソジュンの姿が現れていています。

また、泣いているジュギョンを慰めるシーンではスホが好きだと間接的に失恋をしながらも、ジュギョンを慰めるソジュンの優しさに胸がキュンとしつつも、ソジュンの気持ちを考えるととても苦しいシーンでした。

一方のスホもジュギョンに告白したいのに避け続けられ、告白のタイミングを逃してつづけている姿がとてももどかしかったです。

ここぞというタイミングで水に落ちてしまったり、他の人に見つかってしまったりとハプニングが起こって笑えてしまうのは女神降臨のコメディらしさだと感じました。

そしてついに7話の最後にはジュギョンが自分のことを好きだと確信したスホが、告白をしてキスをしました。

もどかしかった二人の関係もついに両思いになりましたが、スジンがスホにアピールしている様子が見られたり、スジンがスホの視線の先にいつもジュギョンがいることに暗い表情を見せており、なんだか雲行きが怪しくなってきた7話でした。

続きの内容はこちら>>

 

スポンサードリンク

女神降臨 8話についてまとめ

スホはスジンのことが好きだと勘違いをして一人で失恋していたジュギョンですが、最後にはお互いの気持ちを打ち明け、ついにスホがジュギョンに告白をしました。

これから二人の幸せな日々が始まっていくのでしょうか?

続きの内容はこちら>>

 

タイトルとURLをコピーしました