女神降臨 13話のネタバレあらすじと感想/どんな姿でもジュギョンはジュギョン

前話では平和な学校生活のために、今まで隠しつづけていたこと全てが学校に広まってしまったジュギョン。

この記事では女神降臨の13話のあらすじと感想についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

女神降臨 13話のネタバレあらすじ

学校中に全てを知られたしまったジュギョンは泣きながら学校を飛び出します。

スホも後をすぐに追いますが、ジュギョンはバスに乗ってしまい追いつくことができませんでした。

一方のソジュンは、掲示板に載せたのが前の学校でジュギョンをいじめていたセミだと思い、学校に乗り込みますが、そこで掲示板に載せた犯人がスジンであることを知ります。
学校に戻ったソジュンはすぐにスジンを呼び出し投稿を消すように怒鳴ります。

夜になって家に帰ったジュギョン。

学校での出来事を知らない母は、ジュギョンがこっそりとメイクアップ塾に通っていることを問いただします。

次の日、学校にジュギョンの母が呼び出され、いじめを受けている動画を見て初めてジュギョンがいじめられていたということを知ります。

その頃ジュギョンはスジンに会いに行き、自分の秘密を全て知っているのはスジンしかいないが、スジンが投稿したと信じたくないので違うと言って欲しいと言います。

それに対してスジンは、前の学校の時のようにこの学校から逃げるように出ていけと言うのでした。

ジュギョンが家に帰ると、今までのことを知った母親が泣きながらジュギョンを抱きしめます。

ジュギョンが漫画喫茶に行くと、そこにスホが現れます。

学校での一件以来初めてジュギョンにあったスホは心配そうに話しかけます。

これからどうやって学校に行くか悩んでいるとスホは「どんな姿でもイムジュギョンはイムジュギョン」と背中を押します。

次の日、ジュギョンはすっぴんで登校し、自分に対して悪口をいう女子たちに立ち向かいます。

堂々としているジュギョンを見たスホは、満面の笑みでジュギョンを抱きしめておでこにキスをするのでした。

続きの内容はこちら>>

 

女神降臨 13話の感想

今回はジュギョンが自分とどう向き合うかということがメインのストーリーでした。

自分の隠していたことがバレてしまい、転校してやっとできた友達がみんな離れていってしまうのではないか。

また昔のようにいじめられるのではないか。

そして、こんな自分と付き合っていることでスホまで非難されるのではないか。

不安のあまり全てをネガティブに考えてしまうジュギョン。

そんな中、何も知らない母がジュギョンがメイクアップ塾に通っていることに対してどなるシーンは本当に辛いものでした。

そもそも一番初めに顔にコンプレックスを持ち始めたのは、親戚の言葉や母親が「顔よりも勉強ができればいい」と言ったことだったりが始まりだったなと思うと、
一番理解して欲しい人に理解してもらえないジュギョンがあまりにもかわいそうで本当に胸が苦しかったです。

そして学校に呼び出され、ジュギョンが昔の学校でいじめられていたことを知ったジュギョンの母は、ついにジュギョンがなぜあんなにもメイクを頑張っていたのかということを理解します。

ジュギョンが家に帰ると、ジュギョンをすぐに抱きしめる母。

このシーンは、ジュギョンの気持ちも母親の気持ちも考えるととても感動できなシーンで、涙が止まりませんでした。

そしてラストでは、スホのアドバイスのおかげですっぴんで学校に登校し、自分を非難する生徒に立ち向かえるほど強くなったジュギョンはとても見ていて清々しい気持ちになりました。

続きの内容はこちら>>

 

スポンサードリンク

女神降臨 13話についてまとめ

ついに学校中に秘密が知られてしまったジュギョンですが、母親の理解やスホのアドバイスのおかげでコンプレックスに打ち勝ち強くなりました。

残るはスジンとのわだかまりだけ。

果たしてスジンとの関係はどうなるのでしょうか?

続きの内容はこちら>>

 

タイトルとURLをコピーしました