女神降臨 11話のネタバレあらすじと感想/それぞれの和解

前話ではすれ違いが起こり喧嘩になったジュギョンとスホ。

そんな中で、スホはソジュンと共に車に轢かれ意識を失ってしまいます。

この記事では女神降臨の11話のあらすじと感想についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

女神降臨 11話のネタバレあらすじ

車に轢かれ意識を失った二人は病院に搬送されます。

一方のジュギョンはスジンの家に行き、勇気を振り絞ってスホと付き合っていることを告白し、スジンもそれを了承したように見せてジュギョンを抱きしめます。

スホが事故にあったことを知ったジュギョンがすっぴんのまま急いでスホの病室に駆け込むと、間違ってソジュンに声をかけてしまいますが、スホの起点でなんとかその場を回避します。

やっと二人っきりになれた二人は、仲直りをしてスホはジュギョンに事故にあった経緯を話します。

スホの怪我が良くなってきたある日、スホの父親がお見舞いに現れ、スホは怒りを父にぶつけます。

父親は自分が支持したのではなく、自分も知らなかったということを伝えますが、聞く耳を持たないスホは怒り続けて過呼吸になり、意識を失ってしまいます。

言い合いの一部始終を見ていたソジュンは、スホを誤解していたことを知り、今までのスホへの態度から一変してスホを心配する態度を取るようになります。

その夜。なぜセヨンが自殺した時に自分に事情を話さなかったのかと尋ねるソジュン。

その質問にスホは自分が電話に出ていればセヨンは生きていたかもしれないという罪悪感で真実を話せなかったと答えます。

翌朝、ニュースで大物俳優のスホの父が芸能事務所の代表を辞退し、芸能界も引退。そして、セヨンの自殺の原因を発表したことが大々的に取り上げられます。

スホのことが心配になったジュギョンが、急いでスホの病院へ駆けつけると悲しそうに階段で外を見つめるスホを発見します。

ゆっくりとスホを優しく抱きしめキスをするジュギョン。

すると、遠くから同じくスホを心配して来たスジンがそれを見てしまい、何かを決意したような怖い表情でその場から立ち去るのでした。

続きの内容はこちら>>

 

女神降臨 11話の感想

事故で意識を失うという衝撃的なシーンから始まった11話。

今回はスホとソジュン、そして自殺したセヨンがメインのストーリーでした。

セヨンの自殺により、分かり合えない関係にまでなってしまっていた二人ですが、一緒に入院生活をしているうちに少しずつ誤解が解けて、セヨンと3人で仲が良かったころのような関係に少しずつ戻っていく姿はとてもほっこりしました。

事故の怪我で腕が使えないソジュンと、足が使えないスホということで二人で助け合ってご飯を食べたり、トイレに行ったりする姿はとても面白かったです。

そして、父親に怒鳴るスホの姿を見て、セフンの自殺の真実を知り、スホを自分が苦しめていた罪悪感があったせいか少しずつスホを心配するようになるソジュン。

スホが呼吸をしているか心配したり、スホの言うことをきいてあげたりと優しい部分をスホにも少しずつ見せていきます。

一方のジュギョンとスジンの関係性も、水面下で変化が起こっていきます。

前回から、ジュギョンとスホの原因の一つとなっていたスジン。

スジンがスホのことを好きだと知り、付き合っていることを話せなかったジュギョンですがついに勇気を出してスジンに伝えます。

スジンは表面上理解をしたように見せますが、裏ではなんだか怪しい表情…

そして、ラストのジュギョンとスホがキスするところを見てしまい、何かを決意したかのような怖い表情で立ち去るスジン。
解決したとスジンの問題は、まだ終わっていないようです。

続きの内容はこちら>>

 

スポンサードリンク

女神降臨 11話についてまとめ

ジュギョンとスホ、スホとソジュン、ジュギョンとスジンのそれぞれがお互いの気持ちや真実を伝え和解をした11話。

スホとソジュンの関係性はいい方に向かっていきましたが、どうやらジュギョンとスジンの関係性はまだあまり良くならないようです。

続きの内容はこちら>>

 

タイトルとURLをコピーしました