九尾狐伝 11話のネタバレあらすじ解説と感想/ジアの両親を助け出すヨンとラン


<<前話の内容はこちら

ヨンは、アウムを刺してしまった真実を語り、「ジアと生きていく。」と宣言しました。

一方、ジアの部署にインターンとして、イムギがやって来ます。

この記事では、「九尾狐伝」11話のあらすじと、感想をまとめます。

 

スポンサードリンク

九尾狐伝 11話のネタバレあらすじ解説

街で出会ったヨンとイムギ。

火花のように激しく闘い合います。

イムギは、ジアやランに手を出さない代わりに、ヨンの体を差し出せと迫ります。

ヨンは、きっぱり断りました。

すると、イムギは「死にたい。」と、つぶやきます。

突然、街のあちこちで自殺者が出ました。

救急車のサイレンが鳴り響き、大量の自殺者の報道がされます。

一方、ランは前世が見える眼鏡を拾った男の子に、再会しました。

男の子は、新しいお父さんから虐待を受けているようでした。

男の子の前世が、ランの愛犬であったため、ランは見過ごすことができませんでした。

男の子をユリに預け、虐待していた男を倒して社長の家に連れて行きます。

社長は、ホオヅキを一つ取りました。

すると、男は吸い込まれていくのでした。

社長は、狐の掟を守ってヨンを24時間以内に連れてくるように、ランに言い放ちます。

その頃、ヨンはジアと一緒に、三途の川の門番のもとを訪れていました。

門番の婆さんは、人間が来たことに憤りながらも、ジアの両親はホオヅキの中にいることを教えてくれました。

その後、インターンのテリの歓迎会が開かれることになり、ジアや同僚は出かけます。

ヨンはランに呼び出されて、植物園へ向かいました。

ランは、社長から渡された睡眠薬をヨンの珈琲に入れます。

社長は、離れた場所の車の中で、タブレットで一部始終を見ていました。

ヨンが倒れるのを見て、ほくそ笑む社長。

しかし、実は、これはヨンとランの作戦でした。

ヨンとランは、ひそかに姿を入れ替わっていたのです。

また、ジアも共謀してイムギを植物園に向かわせないように、テリを歓迎会に引き止めていました。

ヨンとランは、社長を刺してホオヅキの場所を確認し、ジアの両親を助け出します。

第11話の続きの内容はこちら>>

 

九尾狐伝 11話の感想

ランが狐の掟に縛られ、社長に恩返しをするためにヨンを差し出す計画に、視聴者の私もまんまと騙されてしまいました。

最後の最後まで、自分を捨てたかどうかをランがヨンに確認していたからです。

ジアと自分のどちらを選ぶのかと迫り、もう既にその問題は餓鬼の森で解決しているだろうと思いつつ、どうしてもその問題から抜けきれないのかと、可哀想に思って見ていました。

そして、ヨンがランを信じて睡眠薬を飲んでしまい、倒れた時はどうしようと、どきどきしていました。

でも、ジアがテリを強引に引き止め、意味深な表情をしていたので、どうしたんだろうというという思いもありました。

まさか、ランとヨンが入れ替わり、ジアも共謀していたとは。

ジアの両親がホオヅキに入れられていることを知り、社長をだましてホオヅキの場所を知るための作戦と、分かった時、すごいなと感心しました。

計画の周到さと、発想の意外性に、刺激を受けました。

何はともあれ、ジアの両親が20数年ぶりに帰ってきて良かったです。

イムギは、相変わらず不穏で動揺せず、器の大きさを見せつけています。

「死にたい。」と、つぶやくだけで大量の自殺者が出てしまうのも衝撃的でした。

果てしない悪のパワーを持っているイムギ。

今後の激しい闘いと駆け引きが予想され、どきどきします。

そうはいっても、ヨンにはランやシンジュ、ユリ、ジアの同僚たちと、仲間がいるので、頭脳戦を駆使し、チーム力でどんでん返しを図ってくれるだろうと期待しています。

第11話の続きの内容はこちら>>

 

スポンサードリンク

九尾狐伝 11話についてまとめ

ヨンはジアの両親の情報を得るために、三途の川の門番を尋ねます。

ジアの両親は、社長の持っているホオヅキにいることが分かりました。

ヨンはランと入れ代わり、社長をだましてホオヅキの場所へと誘います。

ジアの両親は、20数年ぶりに生きて帰ってくるのでした。

第11話の続きの内容はこちら>>

 

タイトルとURLをコピーしました