梨泰院クラス スア役・クォンナラの代表作や女優としての魅力を解説

韓国ドラマ「梨泰院クラス」で、主人公パクセロイの初恋の人スアを演じたクォンナラ。

清楚な魅力と、チャンガの社員としてキャリアを積み上げていく姿が素敵でした。

 

この記事では、クォンナラの女優としての魅力や演技力の評価についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

梨泰院クラス スア役はクォンナラ

梨泰院クラスでスア役を演じたのは、1991年生まれのクォンナラです。

中学3年生の時にスカウトされ、ガールズグループ「ハロービーナス」の6人組のメンバーとして2012年にデビューしました。

 

クォンナラは、172cmというスタイルの良さで、ファンを魅了しています。

デビュー初期には、骨盤までの高さも「黄金比率」というキャッチフレーズになっていたようです。

 

2019年に、グループを脱退してから本格的に女優として活躍されています。

「梨泰院クラス」では、高校生から30代のキャリアウーマンまで、見事に演じ切っていました。

 

梨泰院クラス スア役・クォンナラの女優としての魅力

アイドル時代から、抜群のスタイルと美貌を生かして女優として活動していたクォンナラ。

2017年の「あやしいパートナー」では、ヒロインのライバル役を好演しています。

 

2018年には、「少女の世界」で初の映画に挑戦し、「親愛なる判事様」のドラマでは、クールで辛口のアナウンサーを演じ、きりりとした美しさを醸し出しました。

2020年放送の「暗行御史:朝鮮秘密捜査官」では、初めて時代劇に出演し、美貌の妓生として偽りの姿を見せる女刑事の役を演じています。

 

梨泰院クラス スア役・クォンナラの演技力の評価は?

 

クォンナラは、整ったスタイルと美貌を生かした役を演じています。

アイドルでデビューするまで1年間、演技スクールで演技を学んでいたこともあって、演技力では高い評価を得ているようです。

 

特に「梨泰院クラス」で人気が高まっていますが、「暗行御史」のドラマでも「時代劇でも合格点」と好評です。

女刑事と妓生という二つの顔を上手く演じ分け、魅惑的な踊りやと共に主人公を、困らせたり喧嘩したりするやんちゃな可愛さもしっかり演じています。

【関連】梨泰院クラス スアの最後がかわいそう!セロイ・イソとの三角関係の結末に不満・・・

 

スポンサードリンク

梨泰院クラス スア役・クォンナラについてまとめ

梨泰院クラスで、大切な役どころのスアを演じたクォンナラは、元アイドルとしての美貌とスタイルを生かして活躍しています。

 

人気が高まっているクォンナラは、時代劇にも挑戦し、演技力を高めています。

今後も美しいクォンナラに注目していきたいですね。

 

公式LINEの友達追加はこちら

 

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました