梨泰院クラス 6話のネタバレあらすじ解説と感想/トニーの仲間入りとチャン会長の訪問

第5話ではタンバムに、イソとグンスも仲間入りし、店の人気は上がってきました。

ヒョニはトランスジェンダーでしたが、セロイの信頼のもと料理の腕をあげていきます。

 

この記事では、

・梨泰院クラス 6話のネタバレあらすじの解説

・梨泰院クラス 6話の感想

についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

梨泰院クラス 6話のネタバレあらすじの解説

セロイは、タンバムのフランチャイズ化を目指していることを仲間に告げ、みんなで乾杯します。

スアは、チャン会長の家族写真を見て、グンスが次男であることに気づきました。

 

グンスがタンバムで働いていることや、イソのサポートでタンバムが繁盛していることも、会長に伝えるスア。

そして、セロイがフランチャイズを目指していることも報告するのでした。

 

一方、イソは大学に行かずにタンバムのマネージャーになっていることが母親にばれてしまいます。

激怒した母に家を追い出されてしまったイソが、歩道橋で佇んでいると、ジョギング中のセロイが通りかかりました。

 

セロイは、イソの母の願いが良い就職先だということを知ると、タンバムは最高の就職先になると言ってイソを励ましました。

二人は、外食産業でトップになる夢を必ず成し遂げようと誓うのでした。

 

人気が出て来たタンバムの新しいアルバイトを採用することになりました。

外国人のトニーが英語ができそうということで雇われますが、実はトニーは父が韓国人であり、英語はあまり話せませんでした。

 

トニーも仲間に入り、テレビ出演の話も入ってタンバムは活気づきます。

しかし、グンウォンの差し金でテレビ出演が見送られることになってしまいました。

 

テレビ局キャンセルのことで話しかけようとするスアに、セロイは心の余裕がなくなって「気にするな」とだけ告げるのでした。

そんな二人の様子を見ていたイソは、スアが警察に密告したのではないという事実をセロイに知らせます。

 

セロイは驚いて、スアを追いかけました。

長家との板挟みで苦しい思いをしているスアに謝り、「もう少し辛抱してくれ。あの会社から解き放してやる。」と、叫ぶセロイ。

 

セロイは、ファンドマネージャーのイホジンに連絡をし、チャンガへの投資を依頼します。

イホジンは、高校生の時グンウォンからいじめられ、セロイが助けた同級生でした。

 

そのことがもとで、セロイは拘置所に行くことになってしまうのですが、父の保険金等をイホジンに任せてチャンガに計画的に投資していたのです。

特にグンウォンのパワハラの不祥事でチャンガの株が下がった時に、しっかり購入していたのでした。

 

次の日、株主名簿でセロイの名を発見したと報告を受ける会長。

会長は、グンウォンとスアを伴ってタンバムに現れます。

第7話の内容はこちら >>

 

梨泰院クラス 6話の感想

セロイは一途に突き進んでいるようですが、フランチャイズへの見通しを持っていたり、チャンガへの投資をしていたりして、かなり計画的に物事を進めています。

 

テレビ出演もグンウォンに邪魔されますが、スアが密告していないことが分かって、まさにピンチはチャンスです。

イソも、スアの嘘をそのままにしないでセロイに真っ正直に伝えているので、どこかしらセロイと似た部分があるのでしょう。

 

会長が、スアとグンウォンの結婚を認めるような雰囲気もありました。

身分や権力に弱そうな会長ですが、スアのことは心から認めているのでしょうね。

 

でもグンウォンと結婚して、スアが幸せになれるのかは疑問です。

お金だけがあっても幸せではないと思うからです。

 

グンウォンも高校生の時からスアを想い続けているので、純真な面があるのでしょうが・・・。

とうとう会長がタンバムに乗り込んできます。

 

株を買い占めていることで少し、脅威に思ったのでしょうか。

おそらく敵情視察ですよね。

会長に敵と認められるくらいセロイがぐんっと成長した証ですね。

第7話の内容はこちら >>

 

スポンサードリンク

梨泰院クラス 第6話についてまとめ

セロイは、タンバムを将来的にフランチャイズする計画を仲間に話します。

また、チャンガへの投資を進めていきました。

 

そんな中、会長がタンバムにやって来ます。

因縁の相手との再会は、どのように展開していくのでしょうか?

第7話の内容はこちら >>

 

公式LINEの友達追加はこちら

 

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました