梨泰院クラス 15話のネタバレあらすじ解説と感想/グンウォンの暴走

第14話でイソはチャンガの社外理事になろうと、精力的に動きますが、疲労で倒れ。、病院に運ばれます。

そして、グンウォンに拉致されてしまうのでした。。

セロイはイソを助けるために向かっていきますが、車に轢かれてしまいます。

 

この記事では、

・梨泰院クラス 15話のネタバレあらすじの解説

・梨泰院クラス 15話の感想

についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

梨泰院クラス 15話のネタバレあらすじの解説

セロイは、車に轢かれ坂道を落ち、意識を失ってしまいます。

グンスは、電話でスングォンに状況を伝えますが、親分に見つかってしまいました。

 

グンスはイソと共に、監禁されます。

セロイが死んだかどうかを確認しようとしたグンウォンですが、救急車が来ました。

 

セロイは救急搬送されます。

カン専務たちも病院に駆けつけますが、意識不明のセロイでした。

 

意識もうろうの中で、セロイは高校生になって、父と会っていました。

父に、今の状況を報告しながら、酒を酌み交わします。

 

そして、父と共に橋の前にやって来ました。

父が「苦しい夜が来ないところに行く。橋を渡れば着く。」と言いました。

 

その時、セロイはイソの「生きるのがつらかったけれど、社長と会って変わった」という言葉を思い出します。

「今度生まれ変わっても、父さんの子供でいたい。」と、伝えるセロイ。

 

セロイは、橋を渡りませんでした。

父は、セロイを励まし、一人で行ってしまいます。

 

病室で意識が戻ったセロイは、大声で泣きじゃくるのでした。

そして、イソを助けるために出発しようとします。

 

止めるスアに「イソが好きだ。」と告げますが、スアは、「そんなこと、あなた以外にみんな知ってたわ。」と答えます。

「生きるためにいくんだ。」と言って、セロイは、スアの手を振りほどきました。

 

実はスアも、心を決めチャンガを退職していたのでした。

会長に大学進学のサポートをしてもらい、恩を受けたことを感謝しつつも、社内での不正の証拠を保存していたスア。

 

グンウォンが、イソとグンスを拉致したことも、会長に知らせます。

信頼していたスアにも離れられ、失意のもとのチャン会長に、グンウォンから電話がかかってきます。

 

「自分を止めることができるのは、父親だけだ。」と言って、自分の居場所を教えるのでした。

その頃、イソは縛られていた縄を切り、グンスと共に逃げようとしていました。

 

しかし、手下たちにまたしても捕まってしまいます。

セロイは、グンウォンからの「イソの居場所は、会長が知っている」というメールを受け取りました。

 

チャン会長のもとを訪れ、土下座をしてイソの場所を教えてもらうセロイ。

死ぬことよりも、ひざまずくことの方が簡単だと、心の中で思っているセロイでした。

第16話の内容はこちら >>

 

梨泰院クラス 15話の感想

とうとうセロイが、チャン会長に土下座をしました。

あれほど、土下座をしないことを選択し、そのために高校を退学になり、刑務所に入って痛い目に合ったセロイ。

 

ですが、意識不明でお父さんと橋を渡らない選択が、彼を大きく変えたのだと思いました。

橋を渡ると言うのは、天国に行くイメージだと思います。

 

苦労のない世界で、愛する父と共に過ごす日々より、苦しくても生きることを選んだセロイのたくましさや力強さに、大きなエネルギーをもらったような気がします。

 

諦めずに前進し、自分の行動の責任を自分でとるセロイは、人間的にも魅力的です。

 

愛するイソを助け、守るために跪いたセロイに対して、あくまでもマウントをとろうとするチャン会長が対照的に描かれています。

 

チャン会長を演じる俳優さんの渋さや泥臭さも、なかなかいい味がでているなという率直な感想です。

 

イソは、相変わらず減らず口を叩いたり、グンスを翻弄したりしていますが、本質的な部分は、とてもチャーミングです。

 

セロイを一途に思っているところも、ひたむきさが素敵です。

セロイは、まだ体の調子が思わしくないようですが、イソを助けてほしいなと願っています。

第16話の内容はこちら >>

 

スポンサードリンク

梨泰院クラス 第15話についてまとめ

車に轢かれて意識不明のセロイは、もうろうとしたなかで父に会います。

父と共に橋を渡ろうとしますが、思いとどまりました。

 

意識が戻ったセロイは、チャン会長に跪き、イソの居場所を教えてもらおうとするのでした。

第16話の内容はこちら >>

 

公式LINEの友達追加はこちら

 

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました