梨泰院クラス 14話のネタバレあらすじ解説と感想/誘拐されるイソ

第13話でタンバムは、スルレから投資を受け、中国に進出し成功をおさめます。

一方、チャン会長が余命6か月となってしまいました。

 

この記事では、

・梨泰院クラス 14話のネタバレあらすじの解説

・梨泰院クラス 14話の感想

についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

梨泰院クラス 14話のネタバレあらすじの解説

チャン会長の余命が迫ったことで、セロイはカン専務たちと対策を立てます。

イソを社外理事にすることで、チャンガへの影響を強めていこうとしました。

 

年齢的には若いけれど、優秀なイソは社外取締役の心を掴んでいきます。

しかし、精力的に頑張るイソは、疲れて鼻血を出してしまいました。

 

トニーは、イソの身体を気遣い休むように言いますが、イソは言うことを聞きません。

再会したグンスとも、飲みに行きます。

 

グンスとイソが居酒屋に行くと、スアとセロイも一緒に来ていました。

セロイとスアが仲良くしているのを見たイソは、怒って帰ってしまいます。

 

セロイはイソを追いかけますが、グンスから「受け入れられないのになぜ来たのですか。」と、責められるのでした。

イソは、疲労から株主総会当日に倒れてしまい、病院に運ばれました。

 

結局、イソの社外理事は、総会で否決されてしまいます。

グンスが海外の株主たちを味方につけていたのです。

 

カン専務は、株主たちをなだめにいこうとセロイを誘いますが、セロイはイソのことが心配でたまらず、病院に駆けつけます。

セロイがイソに心揺れているのを見たスングォンは、年齢が離れていても周りの目を気にせず、自分の心を大切にするように励ますのでした。

 

セロイは、イソが欲しがっていたペンダントを買い、病室に届けようとします。

病室の前に来た時、イソがヒョニに「社長に好きと言い続けるために、仕事を頑張って資格を得ている。」と告げているのを聞きました。

 

セロイは、イソの一途な思いに心打たれるのでした。

セロイは、自分の人生にイソが深くかかわっていたことを、改めて思うようになります。

 

グンスにもきっぱりと、「イソが好きだ。」と告げます。

一方、グンウォンは、刑務所で知り合ったヤクザの親分に大金を渡します。

 

セロイへの復讐をしようとしていたのでした。

セロイがイソの病室に行くと、荒らされた跡があり、イソはいませんでした。

 

「必ず一人で来い」というメッセージが送られてきて、セロイはあわててその場を去ります。

その様子を見ていたグンスは、ただ事でない気配を感じ、セロイを追いかけるのでした。

 

待ち合わせ場所に行くと、大勢の車に取り囲まれてしまう二人。

車に轢かれそうになったグンスをかばい、セロイは坂道を転げ落ちてしまうのでした。

第15話の内容はこちら >>

 

梨泰院クラス 14話の感想

とうとう、セロイがイソと自分とのかかわりを見つめ直しました。

イソと年齢が離れていることが、セロイにとって遠慮やいつの間に壁になっていたのでしょうね。

 

スングォンもセロイにエールをおくり、本当に心からセロイを大切に思っていることが分かります。

しかし、グンウォンもそこを見抜いてイソを人質にして、セロイを呼び出すとは本当に嫌な感じです。

 

スングォンの元親分に頼んでいるところも、因縁を感じてしまいました。

イソが大丈夫かどうか、とても気になるところです。

 

そして、なんとセロイが坂道を転げ落ちていってしまいました。

セロイが倒れていく様子から、お父さんが車にはねられたシーンを思い出しました。

 

ここで、セロイが亡くなってしまうことはないでしょうが、ケガの状況は心配です。

しかも、イソを張りあい、株主総会でも戦ったグンスをかばってのことだったので、セロイは、グンスを仲間と思っているということの表われですね。

 

仲間の彼女を想うなんて「クズ」と言いながら、自分の気持ちに気付いたら、グンスにも遠慮なくきっぱりと「好き」と言うセロイは、かっこいいです。

第15話の内容はこちら >>

 

スポンサードリンク

梨泰院クラス 第14話についてまとめ

イソはチャンガの社外理事になろうと、精力的に動きます。

しかし、疲労で株主総会当日に倒れ、病院に運ばれます。

 

イソを心配し、自分の気持ちに気付いたセロイ。

イソがグンウォンに拉致されてしまい、助けるために向かっていきます。

第15話の内容はこちら >>

 

公式LINEの友達追加はこちら

 

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました