賢い医師生活 4話のネタバレあらすじ解説と感想/イクジュンの妹イクスンの登場

賢い医師生活

第3話でジュンワンは、娘の結婚式を控えた患者や乳児の心臓手術もやり遂げ、力強く鼓動する心臓を実習生に見せます。

弱っている心臓がしっかり動くことに感動して、ジュンワンは心臓外科を目指したのです。

この記事では、韓国ドラマ「賢い医師生活」 4話のネタバレあらすじの解説と感想についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

賢い医師生活 4話のネタバレあらすじの解説

イクジュンの妹のイクスンは事故にあい、救急で運ばれてきました。

主治医はジュンワンです。

 

ジュンワンの素早い処置のおかげで、イクスンは大事を免れました。

ジュンワンは、何度もイクスンの経過観察をしに来ています。

 

イクジュンが心配してきたときには、イクスンの食欲は旺盛でした。

イクスンは軍人で、脳神経外科のチホンと陸軍学校で同期です。

 

イクジュンは、チホンをイクスンの恋人と勘違いをし、チホンが違うと言っても「義弟」と呼んでしまうのでした。

ギョウルらレジデントは、同期5人のことをよく知るグァンヒョンから「彼らは、何か一つずつ足らない」と聞かされます。

 

ソンファは欠点が無い。

ジュンワンは礼儀が無い。

ソッキョンに無いのは社会性で、イクジュンに無いのはコンプレックスや劣等感だというのです。

 

そして、ジョンウォンは生まれつき御曹司のため、物欲がありません。

イクジュンは離婚したばかりでした。

 

息子のウジュから「パパがいればいい。」と言われ、感動するのでした。

VIP病棟に、イクジュンの遊び仲間の父が入院してきます。

 

息子が父の肝臓移植の臓器提供者になるのですが、立ち入り禁止が厳重にされていて不穏な空気が漂っていました。

その頃、ソッキョンは無脳症の胎児の分娩に立ち会っていました。

 

母親が産声を聞かないように配慮するソッキョン。

胎児の泣き声が、母親のトラウマにならないようにと気遣ったのでした。

 

実はソッキョンには、つらい過去がありました。

妹が突然、転落死してしまったのです。

 

妹の死去の連絡を受け、急いで飛行機に乗ると、偶然父を見かけます。

父に声をかけようとすると、そばには若い女性がいました。

 

ソッキョンの母は、ショックから病気になってしまい、それから、ソッキョンは母親思いの優しい息子になったのです。

それまで仲の悪かった母のもとを毎週末訪ねて、親孝行をしています。

 

ソッキョンは、バンドでキーボードを担当していますが、もともと弾ける曲は、妹が教えてくれたカノンだけでした。

一方、ジョンウウォンは、虐待が疑われる子供の診療をしていました。

 

また、ジュンワンは、イクスンの部隊を訪ね、「ジャージャー麵を食べに来た。」と言うのでした。

第5話の内容はこちら>>

 

賢い医師生活 4話の感想

イクジュンの妹のイクスンが登場することで、ジュンワンとの今後の展開が楽しみになってきました。

ドラマの中では、食事のシーンが良く出てきます。

 

休憩室のカップラーメンや外食の焼き肉屋さん、病院内の食堂と、いろいろなメニューやシーンが出てきて面白いなと思っています。

今回は、ジャージャー麺が話題に上っていました。

 

ひき肉が麺にたっぷりのったメニューのようですが、中華料理屋さんで食べれるようです。

韓国では、一緒にラーメンを食べることにも意味があるようなので、ジュンワンがイクスンを訪ねていくことにも、ジュンワンの思いを感じました。

 

ソッキョンの家の内情や、5人のキャラがけっこうはっきりしてきました。

イクジュンがコンプレックスや劣等感が無いというのもすごいなと思いました。

 

周りを盛り上げ、どんな空気でも明るくして、イクスンともラッパーのようにかけ合うのが、魅力的だなと思います。

バンドのクォリティも高いので、ドラマの中での歌ものりがよくて楽しい気分になります。

第5話の内容はこちら>>

 

スポンサードリンク

賢い医師生活 4話についてまとめ

イクジュンの妹のイクスンが病院に運び込まれ、ジュンワンが主治医となりました。

イクスンは、脳神経外科のソンファのもとで働いているスホンと、陸軍学校で同期でした。

 

ジュンワンはイクスンの部隊を訪ね、ジャージャー麺を一緒に食べようとします。

第5話の内容はこちら>>

 

公式LINEの友達追加はこちら

 

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました