星から来たあなた 21話(最終回)のネタバレあらすじ解説と感想/地球に戻るミンジュン

<<前話の内容はこちら

ソンイはミンジュンに生きていてほしいと訴え、惑星に帰るように勧めます。

二人は、テレビを見たり花札をしたりして、ミンジュンが惑星にかえるまでの1週間、平凡で幸せな時間を過ごしました。

この記事では、「星から来たあなた」21話のネタバレあらすじの解説と感想についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

星から来たあなた 21話のネタバレあらすじ解説

惑星が軌道を外れて地球に接近するため、流星が降り注ぐことが大きなニュースとなります。

ソンイは目を瞑り、流れ星に祈るのでした。

ミンジュンは、自分の身体が消えかかっているのを感じ、ソンイに語りかけます。

寒いから露出度の高い服を着ないようにとか、キスシーンは控えろとか、あれこれ注文を付けるミンジュン。

ソンイは、大粒の涙を流し、ミンジュンの顔を見ることができません。

自分の故郷から毎日、地球を見て、地球に戻る方法を探るが、もし戻ることができなかったら、自分のことは忘れてくれと、ミンジュンも泣きながら言います。

「忘れるほどバカじゃない。トミンジュン。」と、ソンイはミンジュンの名前を呼びますが、返事がありません。

振り向くと、ミンジュンの姿はもう、ありませんでした。

ソンイは、ミンジュンを失ったショックで寝込みます。

しかし、フィギョンがミンジュンに頼まれたと、世話を焼きます。

ソンイの弟も、ミンジュンに望遠鏡をもらい、姉のことを頼まれていました。

弟が新しい惑星を発見し、3年後に認定され、ミンジュンの名前を星につけます。

その頃、ソンイは授賞式にも出席するほど、女優として活躍していました。

度々、ミンジュンの姿を見るのでストレスのせいかと思っていたソンイでしたが、目の前に本物のミンジュンが現われ、二人は大勢の前でキスをします。

 

星から来たあなた 21話の感想

素晴らしいハッピーエンドでした。

宇宙人と人間のカップルがどうやって成立するのかと思っていましたが、互いの努力と理解で絆を深めていたので、最高です。

一緒にいることが永遠ではないからこそ、一瞬を大切にし、きらめいた時間として感じることができるソンイの純粋さは、素敵です。

授賞式のソンイのファッションも、素晴らしいと感じました。

大きく背中があいたドレッシーなドレスを身にまとい、周りに笑顔をふりまくソンイは、大女優の貫禄があります。

そこに、ミンジュンが「露出した服を着ないように言ったのに。」と、苦言を呈して現れたのが印象的なシーンでした。

その後、二人そろって会見風に、生活ぶりを紹介している時のソンイの柔らかい表情や、ミンジュンを見つめるまなざしにも、ぐっときました。

21話は長かったけれど、日本でも大人気の作品にふれることができて、幸せでした。

 

スポンサードリンク

星から来たあなた 21話についてまとめ

惑星が地球に近づき、流星が降り注ぎます。

ソンイが流れ星に祈っている間、ミンジュンは自分の身体が透け始めているのに気づき、ソンイに語りかけるのでした。

ミンジュンがいなくなって3年後、ソンイの授賞式にミンジュンが現われます。

 

タイトルとURLをコピーしました