ホンチョンギ 第8話のネタバレあらすじと感想/御真の復元、魔王、ふたたび

<<前話の内容はこちら

ヤンミョン大君にチョンギとの約束は自分が先だと言い、チョンギを連れ去ったハ・ラム。19年前のあの日、自分に何があったのかチョンギに打ち明けます。

この記事ではホンチョンギ第8話のネタバレあらすじと感想をまとめています。

 

スポンサードリンク

ホンチョンギ 第8話のネタバレあらすじ解説

チョンギはハ・ラムから19年前チョンギと約束をした日に何があったのかを聞きました。

雨乞いの儀式で目を失い、父母が殺され、復讐のためだけに生きてきたこと。そして、そんな自分だからあなたの側にいることはできない、と。

しかし、チョンギはハ・ラムの話を聞いて、言いました。

「あなたに起こったことは、あなたにはどうしようもないこと。自分を責めないで。
今日みたいに自分の気持ちを話してね、ハラマ。」

ハ・ラムは帰っていくチョンギの後ろ姿を見つめながら、
「待っていてください、かならずあなたを探します」と、心でつぶやくのでした。

王は病んでいました。魔王の呪いです。ハン・ゴンに早く、あの画工に御真を描かせて魔王の封印を早めてほしいと告げ、チュヒャン大君とヤンミョン大君への手紙を書きました。

魔王がハ・ラムに封印されていることを疑いだしたチュヒャン大君たちは、確かめるために動きだしました。

チュヒャン大君は、ハ・ラムに魔王の事を聞きますが、知らないと言われ苛立ち、頬を斬りつけてしまいます。ハ・ラムも魔王の存在が気になりだします。

ヤンミョン大君はハ・ラムからチョンギとの事を大君に話す必要はない、と言われ、その態度でハ・ラムの気持ちを悟ってしまいます。

画会に参加したペクユ画団の3人が、高画院に行く日が来ました。

チョンギの仕事は、地図の修復というもので、仕事場所がハ・ラムが主簿をする書文観だったためハ・ラムに会うことになりました。

ハ・ラムの本心を聞いた後で、少し気まずい2人でしたが、書文観の天文台から星を眺め、おだやかな一時を過すのでした。

その後チョンギは、ハン・ゴンから夜、慶源殿に来るようにと言われ、ハ・ラムに案内してもらいました。

慶源殿でチョンギは、ハン・ゴンから先王の肖像画、御真の復元の話を聞きましたが、父ホン・ウノが描いた一部焼失した御真の前で、魔王の姿と炎を見てしまうのでした。

帰り道、チョンギは忘れ物をした事を思い出して慶源殿に戻りますが、衛兵たちに止められ入ることができません。

そこへハ・ラムがやってきました。不吉な予感がしたのです。

ハ・ラムと一緒に慶源殿に入り、前王の画に近づくと、ハ・ラムが急に頭をかかえ苦しみだしました。首の後ろの蝶の印も光だします。

第8話の続きの内容はこちら>>

 

ホンチョンギ 第8話の感想

ハ・ラムがチョンギに19年前のことを話し、チョンギは、どう思うかと思ったけれど、自分に話してくれない事がつらかったようなので、話してくれてすっきりしたようです。

ハ・ラムとヤンミョン大君2人にの告白をされたことになりますが、男心はわからない、とつぶやくチョンギが可愛いです。

チョンギのまわりでいろいろな事が動きだしました。ヤンミョン大君はハ・ラムにチョンギとどういう関係か聞きだし、ハ・ラムは私の気持ちだから大君には関係ないと言い返し、チョンギはヤンミョン大君にハ・ラムの事で自分に返事ができないのかと聞かれ、答えることができません。

チョンギとハ・ラムがお互いに思いあってはいるのはあきらかですが、まだ気持ちを伝えあうまではいたってないのですね。考え深く、急がない2人に比べてヤンミョン大君は思ったことは時を待たずに即実行するタイプのようです。

しかし、他の事には冷静なハ・ラムですがチョンギのこととなると別なようなのでこれからチョンギをめぐる対決がおもしろくなりそうです。

どちらのタイプをチョンギが選ぶのでしょう。

ハ・ラムに魔王が封印されていることを感づきだしたチュヒャン大君とミスは、確かめようと行動をはじめます。ハ・ラムの屋敷にお札のようなものを貼っていましたが、何をしようとしているのでしょう。

三神は出てこなかったけれど、ホリョンがハ・ラムの仕事場所に現れて、かけじくの画の中に入っていきます。チョンギとかかわることで、ハ・ラムの中から魔王が出現するので、見守ってくれているのでしょうか。

出会いから、だんだんといい感じになってきたチョンギとハ・ラムですが、このまま、何事もなくというわけにはいきません。

いよいよ、チョンギは魔王を封印する御真を描く道に進んでいきます。魔王が封印から目覚めた先王の画を慶源殿で見てしまった2人。

自分の中に魔王がいるとはまったく思ってないハ・ラムと、魔王の存在をまだ知らないチョンギの前で再び魔王が出現しそうです。

魔王がハ・ラムの中にいることを確かめようとするチュヒャン大君とミス。そして三神たちと同様すべてを知っているかのような王は、どう動くのでしょう。

第8話の続きの内容はこちら>>

 

スポンサードリンク

ホンチョンギ 第8話についてまとめ

お互いの気持ちがわかったチョンギとハ・ラムですが、それぞれの目的がある人物たちが2人を巻き込んでいきます。

魔王を再び出現させ封印する運命の恋人たちに選ばれたチョンギとハ・ラム。三神やホリョンたちは、2人を守れるでしょうか?

次回が気になります。

第8話の続きの内容はこちら>>

 

タイトルとURLをコピーしました