ホンチョンギ 4話のネタバレあらすじと感想/運命の恋人と新しい出会い

<<前話の内容はこちら

思い出の少女がチョンギだとわかり、心があたたまるハ・ラムでしたが伝える事はできません。

しかし、動きだした運命が2人をひきあわせていきます。

この記事では、ホンチョンギ第4話のネタバレあらすじと感想をまとめています。

 

スポンサードリンク

ホンチョンギ 4話のネタバレあらすじ解説

チョンギから名前を聞いたハ・ラムは、19年前のチョンギとの出会いを思い出し、自然に笑みがこぼれるのでした。

世話人に連絡がついた事をハ・ラムに聞いて安心するチョンギ。

ひとりで小屋の外で待っていると、一人の男が訪ねてきました。ハ・ラムを探しに来たヤンミョン大君です。

怪しい男と思ったチョンギは、追い払おうと冷たい態度をとります。そんなチョンギにヤンミョン大君は格好をつけて、「私はこの国の大君ヤンミョンだ」、と言うのですが、大笑いするチョンギ。

「あなたがヤンミョン大君なら私はヤンミョン大君の婦人よ!」と大ボラをふいてしまうのでした。

あっけにとられるヤンミョン大君、そして、騒がしい2人の声を聞いて小屋の中からハ・ラムが出てきました。

「ヤンミョン大君いらっしゃいましたか?」というハ・ラムを見てチョンギは目をまるくして驚き、コソコソと逃げ出しました。

ヤンミョン大君に続いて役人たちや世話役のマンスがハ・ラムを迎えに来ました。

ヤンミョン大君はチョンギを探しますが、隠れています。

そして、その様子を物陰から見ている人物たちがいました。チュヒャン大君とミスです。

ハ・ラムはチョンギに手紙を書いて小屋に置き、マンスやヤンミョン大君たちと屋敷へ帰りました。

本物のヤンミョン大君とは思わず、大変な事をしてしまったと思うチョンギ。

ペクユ画団では、優秀な画工を選ぶ画会が開かれる話題が持ち上がっていました。

選ばれた画工の中にチョンギの名前がありません。その上、画会の主催者がヤンミョン大君であることに慌てるチョンギでした。

コンテストでよい評価を得れば、図画署で仕事ができる機会も得られ、賞金で父の薬を買ってあげることもできます。

チョンギはそのためにできる事は何かを考え、行動をはじめました。

名簿に自分の名前を書き足して、ヤンミョン大君に謝罪しようと考えますが方法が浮かびません。

そのうちある屋敷の前にたどり着きました。美しいその庭を眺めると清々しい気持ちになります。

そして、最近出会った赤い目のソンビを思い出し、もう一度会いたいと思うのでした。

ふと、屋敷の方に人が見え、なんとそれは、赤い目のソンビ、ハ・ラムでした。

声を聞いてすぐチョンギだとわかったハ・ラムはチョンギの話を聞いて大笑い。

チョンギがヤンミョン大君に謝罪できる場を作ってくれることになりました。

第5話の内容はこちら>>

 

ホンチョンギ第4話の感想

19年前の思い出の少女がチョンギであることに気づいたハ・ラム。

常に父母の復讐のことで頭がいっぱいだったハ・ラムですが、チョンギを思い出したり、顔を見ると笑顔になります。

チョンギは、少年のことは覚えていますが、ハ・ラムだとはまだ気づいていません。

でも、出会った時から気になっている事がわかります。

そこへ、新しく出会ったヤンミョン大君の登場です。

態度をみると、チョンギに恋してしまったようです。でも、チョンギにとっては、まだ気になる存在ではないので、ハ・ラムにもっと頑張ってほしいところです。

ハ・ラムは、父母の復讐をする目的があるので、チョンギが気になっても近づかないかもとも思ったのですが、運命が2人を出会わせていきます。

ヤンミョン大君の今後の行動気になります。

チョンギの気持ちは今のところはしっかりハ・ラムに向いてます。籠をみつけてハ・ラムを思い出し、会いたくて歩いていたら屋敷の前にいて、庭の美しさに誘われて入っていったらハ・ラムがいたのです。

ハ・ラムに出会えた時のチョンギの態度は明らかに恋です。

ハ・ラムも平静を装って行動しているようで、やはり気になっていることがわかります。

チョンギがヤンミョン大君にあやまる場所をとりもったハ・ラムでしたが、ヤンミョン大君のチョンギへの態度を見て、心は穏やかではなさそうです。

ハ・ラムの行動にも注目です。

大君という自分の境遇に自身たっぷりなヤンミョン大君とそうではないハ・ラム。

チョンギが気になるのを素直に表現できるヤンミョン大君とそうではないハ・ラム。

チョンギの気持ちがどう動くのか楽しみです。

恋の予感で、忘れてしまいそうですが、チョンギとハ・ラムは運命の恋人どうしで、魔王を再び御真に封印するという役割を持っているのでした。

ヤンミョン大君は、魔王の封印をといてしまった本人ではないのですが、その場にいた一人です。

ハ・ラムに封印された事は知りませんが、チュヒャン大君とミスは気づきはじめているようで、そのうち知ることになるのかもしれません。

王も魔王封印のための御真を描く画工を探すだけでなく何かを隠しているような雰囲気があるので、今後の動きや言動が気になります。

第5話の内容はこちら>>

 

スポンサードリンク

ホンチョンギ 4話についてまとめ

チョンギとハ・ラム、そしてヤンミョン大君の恋の三角関係のはじまりです。ほほえましい場面が多く楽しい展開でした。

2人にこれからヤンミョン大君がどうかかわってくるのか、楽しみです。

魔王を探す人物たちの動きも気になります。

第5話の内容はこちら>>

 

タイトルとURLをコピーしました