五月の青春 第2話のネタバレあらすじ解説と感想/自分に合った靴

五月の青春 2話 ネタバレ あらすじ 感想五月の青春

<<前話の内容はこちら

スリョンの替え玉として3回だけ会うことになったミョンヒは、急いでお見合いの場所に現れます。

 

スポンサードリンク

五月の青春 第2話のネタバレあらすじの解説

「よく聞いてね。これをすれば断られる確率は99.9%」そう意気込むスリョンは、
相手に嫌われる為のマイルールをミョンヒに吹き込み、ミョンヒもまた実践しますが全て失敗に終わります。

お見合いデートの終盤、スリョンの靴を履いてきたミョンヒが歩きにくそうにしていることに気づいたヒテはミョンヒに靴をプレゼントします。

タクシーでミョンヒを送っていくヒテ。大学での話や国試に受かっているが卒業していない話などをしながらスリョンの家へ到着します。

「最近の中で一番楽しかった。次はいつにしますか?」とミョンヒに話すヒテでしたが、そこへスリョンの兄スチャンを発見したミョンヒは慌ててヒテをタクシーに乗せ帰らせます。

ミョンヒとスリョンの服装を見たスチャンは「ミョンヒが代わりにお見合いしたみたいだ。」と二人に言いますが何とか気づいていない様子…。

帰宅したヒテはミョンヒを思い出し、音符に書き留めるのでした。

翌日、ソクチョルの住所を知ったヒテはソクチョルの実家へ向かいます。

すると偶然道の反対側にミョンヒの姿が!「スリョンさん!」と声を掛けますが気づくはずもありません。

バイクにひかれそうになったミョンヒを助けるヒテに驚くミョンヒ。

服装が違うと突っ込まれたミョンヒは「デモをしてきたので」とすかさず言い返します。

そしてバスコインを忘れたミョンヒにたくさんのコインを渡したヒテは、強引に明日会う約束を取り付けるのでした…。

ミョンヒは弟ミョンスの陸上大会の応援へ。そこにはヒテの弟ジョンテも出場していました。

ぼろぼろの靴が脱げながらも見事2位に入賞したミョンスは全南大会の代表に選ばれます。

ミョンスとともに光州へ父ヒョンチョルも来ていましたが、ミョンスの表情は父が来るとともに暗くなります。

中華店に3人で入るとミョンヒは、「子供の翼を折るのが趣味なの?全南大会代表合宿のため光州で5月丸ごと合宿をするミョンスの面倒を見る」と言い放ち、父へ悪い態度をとります。

店を出ていった父ヒョンチョルはミョンスにジョンテと同じ新しい運動靴を買ってあげます。

一方のヒテはソクチョルの様態を伝えるため実家を訪ねると、病気の母に「長男は学費がなくて復学もできないのに!」

と娘の状態よりも工場の稼ぎ手がいなくなったことへの不満をあらわにします。

そのころ、父のおかげでデモ仲間も釈放されたことを知ったスリョンは、土産豆腐をもって仲間のもとへ。しかし仲間たちは冷たい視線を彼女に浴びせます。

偶然ビルから出てきたところを若い警察官が声を掛けますが、スリョンの目には涙が。

デートの日、ミョンヒが下宿している家の娘がスリョンの用意した服を着ていってしまいます。

仕事を終え、約束の場所へ向かったミョンヒ。(スリョンの兄スチャンはミョンヒに好意があるようです…。)

高級レストランにやってきた二人ですが、ミョンヒがナイフとフォークの使い方を知らないことに気づいたヒテはさりげなく助けてあげるのでした。

「ミョンヒさんは特別な人だ」と伝えたとき、ミョンヒの務める病院の医者がやってきます。

「あのメギツネか。金持ちに尻尾を振りやがって。」とミョンヒの陰口をたたいていたのです。

ミョンヒの様子が明らかに悪くなるのを悟ったヒテは、医者に手が滑ったといって頭から水をかけてやります。

店を出たミョンヒは階段で足をひねってしまいます。病院には行けないため医者の卵であるヒテが公園のベンチでミョンヒに応急処置をします。

「来週の週末までにまた会わなければいけない。」伝えますが、自分がスリョンではないため気まずそうに返答をするミョンヒ。

そんなミョンヒに「スリョンさんを最初に見たのは見合いの席ではない。」と告白します。

「国司に落ちていなければいい医者になれたのに。」と話を変えると「理由を知りたい?これを知ったら近い関係になるけど。…大学歌謡祭にでるんです。」とミョンヒを笑わせるヒテ。

「今度1曲聴かせるから花が散る前に会おう」

翌朝、スリョンに服を返しにやってきたミョンヒですが、スリョンの家にヒテの姿が!

ヒテは父ギナムに言われて手土産をもってきていました。

本物のスリョンのもとへ近づき、「急にやってきて驚かせてしまいすみませんね。スリョンさん。」と言うとミョンヒに目を合わせ軽く笑いかけます…。

第3話の内容はこちら>>

 

五月の青春 第2話の感想

2話序盤ではヒテに嫌われようとスリョン直伝のお見合い戦法に挑みますが、全く効果なしでした。

ヒテの華麗な返しに呆れるを通り越して面白くなってきますね。

普通に嫌いな人にされたら鬱陶しいし怖いですが、さすが俳優イドヒョン。

そして、女は家庭に入って子供を産まなければいけない、という昔の考えをあっさり否定したヒテですが、斬新というか、フラフラ行きてそうですがしっかり自分の考えを持っててかっこよかったですこのシーン。

汚い店でご飯を食べた時も、「ミョンヒさんが思うような御坊ちゃまではないです。」と言った彼ですが、どんな家庭で育ったのか影の部分は今後明らかにされて行くのでしょう。

帰宅後の作曲する姿、ミョンヒに一目惚れしていたんですね。

一方のスリョンの兄、スチャンもミョンヒを見る目が優しくて、これはミョンヒを見守ってるだけでは無く、好意があるなぁと感じさせられました。

夢を持ちながら一生懸命に生きるミョンヒは誰が見てもかっこいいですし、惹かれるものがありますよね。

この恋の3角関係も今後注目ですね!

バス停でのデートの約束、公開処刑みたいになってましたが、周りが冷やかしてるのもまたよかったシーンです。

今はまだゆったり心温まる話の連続で、今後起こりうる悲劇など知る故もありませんが、、、。

こんな日常でハッピーエンドを迎えてほしいと願ってしまう視聴者です、、、。

第3話の内容はこちら>>

 

スポンサードリンク

五月の青春 第2話についてまとめ

2話ではミョンヒがスリョンではないことを知ったヒテ。

しかし、ヒテはミョンヒにすでに一目惚れをしていましたね。

また、2人の弟が陸上を通じて友達になれるのか、スリョンの兄、スチャンの想いの行方が今後気になるところです。

第3話の内容はこちら>>

 

タイトルとURLをコピーしました