語学堂の入学条件と必要書類・入学手続きまでのやり方を解説

韓国留学 語学堂 必要書類 入学手続き韓国留学

韓国への留学方法の一つとして人気の語学堂留学。

語学堂に入学するにはどうしたら良いの?

そんな悩みを持つ方に向け、韓国語学留学中の筆者が語学堂の入学手続き方法について説明していきます。

 

スポンサードリンク

語学堂の入学条件は?

まず語学堂の入学条件ですが、「高校卒業もしくはそれ同等の修学能力のある外国人もしくは在外同胞が可能」と記載されています。

高校卒業をしている外国人であれば基本的に入学可能です。

通常の大学と違い、入学試験等はないので気軽に入学することが可能です。

 

語学堂の入学時期は?

語学堂の入学日(授業開始日)は学校ごとに異なりますが、基本的に3月・6月・9月・12月です。

自分の行きたい時期を考えてから入学学期を決めることをお勧めします。

 

入学時期ごとのメリットデメリット

春学期(3~5月)

メリット:暖かく桜が咲く時期なので、授業終わりや休日に出かけるスポットがたくさん

デメリット:正規学生たちも新学期が始まり忙しいので、韓国人の友達が作りづらい

 

夏学期(6~8月)

メリット:冬に比べて入国時の荷物が少なくて済む

デメリット:正規学生が夏休みなので、学校に行っても他の学生と交流がしづらい

 

秋学期(9~11月)

メリット:新しく入学してくる学生が少ないため、トウミ制度などが新入生として優先してもらいやすい
デメリット:連休が多いため、生活ルーティーンが作りづらい

 

冬学期(12~3月)

メリット:高校や大学を卒業した他国の生徒たちが入学してくる時期なので、日本人以外の友達を作りやすい

デメリット:とても寒いので入国時に洋服やコートなどたくさん用意する必要がある

 

語学堂に入学するために必要な書類一覧

ここからは語学堂に入学するために必要な書類について説明していきます。

語学堂には入学申請時に必要な書類と、その後のビザ申請にて必要な書類があります。

(※2021年夏学期の情報になるので正しい情報は各語学堂HPを確認してください)

 

必要書類①入学申請書

学校ごとに指定の入学申請書があり、HPでフォーマットをダウンロードして記載する必要があります。

日本語のフォーマットはありますが、記載する際は英語もしくは韓国語で記入しなければいけないので注意が必要です。

入学申請から受領してもらえるまで1ヶ月かかることもあるため、間違えないよう丁寧に記入してください。

わからない場合は、どの語学堂に日本語担当の方が必ずいるため、メールなどで質問しながら記入することをおすすめします。

 

必要書類②最終の学歴証明書(アポスティーユ)

高校を卒業したという証明書です。

大卒の方は大学に、高卒の方は高校に行って卒業証明書をもらいます。

1枚300円程度で発行してもらい、その後学歴認証という正式な書類である証明を国指定の機関に行って印鑑を押してもらう必要があり、1~2万円の費用がかかります。

こちらも日本語ではなく、英語もしくは韓国語の発行をお願いする必要があります。

 

必要書類③残高証明書

語学堂に通うときに発行されるD4ビザでは半年間はアルバイトをすることができません。

そのため学校側が申請者が韓国で生活できる分(100万円程度)の貯金があるかを確認するための書類です。

これは自分の口座のある銀行に行き、英文でドル立ての証明書を発行してもらいます。

銀行によっては発行に1週間ほどかかります。

 

必要書類④在学or在職証明書

現在通う学校または会社に発行してもらう証明書です。

こちらも英文で発行してもらうことをお勧めします。

また、ビザ発行時も必要になる可能性があるため念の為2枚もらっておくと良いと思います。

 

必要書類⑤パスポートのコピーと証明写真

パスポートは有効期限内のものしか認めてもらえないため、パスポートの期限を確認してください。

また証明書に関しては、ビザ申請時も必要になります。

ビザ申請時の証明写真にはサイズや背景などに指定があるためよく確認してください。

 


語学堂の入学手続きの手順

上記のように入学前に書類を集めたり、申請書を作成したりと計画的に準備をしていかないと、申請締め切りを過ぎてしまったということになりかねません。

ここでは手続きの手順について紹介していきます。

重要なポイントとしては「申請開始日に韓国に申請書類が届くように準備をする」ことです。

基本的に書類は郵便で韓国の自分が行きたい語学堂に送付する必要があります。

また、申請人数が多いと申請締め切りの前に締め切られたり、ビザの申請が間に合わずに授業開始日を過ぎての韓国入国になる危険があるため、計画的に準備をする必要があります。

入国4ヶ月ほど前から準備を始めることをお勧めします。

 

①自分の行きたい学校の申請期間を調べる

学校によって申請期間が異なっているため、HPを確認したり記載がない場合はメール等で問い合わせをして申請期間を確認しましょう。

また、必要書類に○ヶ月以内に発行したものという制限があるかも確認しましょう。

 

②卒業証明書(アポスティーユ)の準備

一番時間がかかる書類なので早めの準備が必要です。

学校で発行してもらう際には3~7日ほどかかり、またアポスティーユ取得には指定の機関に事前に電話等で訪問予約をする必要があります。

 

③その他書類の準備+入学申請書の記入

卒業証明書以外も発行までに3日かかるものや、直接銀行等に行って発行しなければいけないものなどもあります。

また入学申請書もA4用紙4枚に必要事項を記載する必要があるので、自分のスケジュールを確認しながら余裕を持って準備しましょう。

 

④書類を大学に発送

書類が全部揃ったら、大学に書類を発送します。

私は、通常便だと到着に時間がかかるので少し高いですがEMSで発送しました。

また、発送した書類は何かあった時のために、写真もしくはPDFで自分の手元にも残しておくことをお勧めします。

 

⑤授業料振り込み

学校に書類が到着し、学校側か申請を許可すると学校からメールで授業料振り込みについてのメールが届きます。

メールに記載のある口座に、授業料を振り込みます。

ちなみに海外送金を銀行から行う場合、手数料がとても高くなってしまうので、私はWiseという海外送金アプリを使用してそうきんしました。

 

⑥ビザ申請

学校側か振り込まれたことを確認すると、ビザ申請に必要な書類がPDFで送られてきます。

この書類とその他必要書類を持って領事館に申請に行きます。

ビザ発行もコロナ禍の現在2~4週間かかるのでできるだけ早く申請するようにしましょう。

 

スポンサードリンク

語学堂の入学条件や手続きの手順についてまとめ

ここでは語学堂の入学条件や申請方法の流れについて説明していきました。必

要書類については急に内容が条件が変わることがあります(私も書類発送2週間前に条件が変わりました)ので、各学校のHPを確認してください。

【韓国留学】語学堂の選び方とおすすめの語学堂紹介
韓国への留学方法の一つとして人気の語学堂留学。 「語学堂ってなに?どうやって選べばいいの?」 こんな疑問をお持ちの方に、現在韓国語学留学中の筆者が 語学堂の選び方やメリットデメリットについて説明していきます。 ...

 

タイトルとURLをコピーしました