愛の不時着 8話のネタバレあらすじ解説と感想

Featured Video Play Icon愛の不時着

第7話でセリは、撃たれたジョンヒョクを病院に運び、空港に行くことができませんでした。

 

ジョンヒョクの手術は成功しましたが、婚約者のダンが病院に訊ねてきたので、セリは車でスンジュンの家に行きます。

 

この記事では、

・愛の不時着 8話のネタバレあらすじの解説

・愛の不時着 8話の感想

についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

愛の不時着 8話のネタバレあらすじを解説

セリがジョンヒョクの同僚ではなく、韓国の女性経営者であることを知ったダン。

 

セリを匿うことで、ジョンヒョクが罰に問われることを心配します。

 

ジョンヒョクは、愛する兄が亡くなってしまったことに思いを馳せ、「愛する人を守れず、失ったので死んだ方がいい」と言い、

セリの帰国を何としてもしようと決意を固くするのでした。

 

ジョンヒョクは、セリを守るためにスンジュンの家に向かいますが、身体の調子も悪く、車が崖から落ちそうになって病院に引き返します。

 

翌朝、スンジュンから「セリは僕と一緒だ。快適に過ごしている。」と電話がありました。

 

ジョンヒョクは、セリと話をさせてほしいと頼みますが、スンジュンは一方的に電話を切ってしまいました。

 

ジョンヒョクは、折り返し電話をしますが、電源がオフになっており、つながりませんでした。

 

ダンは、スンジュンを呼び出し、セリの雑誌記事を見せます。

 

スンジュンは、セリが北朝鮮に来たのは事故によるもので、警察に通報すると、婚約者のジョンヒョクに迷惑がかかると説明します。

 

それでも「通報する」と、立ち上がるダンの腕をつかむスンジュン。自分の思い描いた作戦をダンに聞かせようとします。

 

スンジュンは、帰宅するとセリに結婚を申し込みました。

英国籍の自分と結婚して、パスポートを取得し、飛行機に乗ることができるというのです。

 

偽装結婚をするのかと、驚くセリに、スンジュンは平然と「君の家族もそれを望んでいる」と答えます。

 

その夜、ワインとキャンドルのもとで、スンジュンは指輪をセリの指にはめるのでした。

 

一方、ジョンヒョクは、スンジュンの家を探し当て、電源装置を操作し、ボディガードをやっつけてしまいます。

 

ジョンヒョクの姿を見たセリは、おもわず駆け寄ろうとします。

 

しかし、セリを匿ったことでジョンヒョクの立場が悪くなることをスンジュンから説明され、

あえて、冷たく「スンジュンのプロポーズを受けた。」とジョンヒョクに伝えるのでした。

 

ジョンヒョクは、泣いているセリに「分かった。もう泣くな。」と言って背を向け、帰っていきました。

 

セリは、ジョンヒョクが凍えてしまうのではないか、銃で撃たれた傷がひどくなるのではないかと心配で居てもたってもいられなくなり、車でジョンヒョクを追っていきます。

 

山道でジョンヒョクを見つけ、抱き合う二人。しかし、車はガス欠で、吹雪の中で立ち往生してしまいました。

 

二人は寄り添って、近くの廃校で一夜を明かします。

 

ストーブで暖をとり、眠ったジョンヒョクは、夢を見ていました。

 

ピアノのコンテストで受け取った賞金で、兄に時計をプレゼントしたのです。

 

しかし、振り返ると兄の姿が消えていました。大好きな自慢の兄の幸せで悲しい夢でした。

 

次の日、セリは熱を出したジョンヒョクを支え、社宅の家に連れて行きます。

 

その日は、クリスマスでした。セリは、社宅の奥様方と、市場に買い出しに行きます。

 

そこで、スンジュンからもらった指輪を質屋に持っていき、ジョンヒョクへのプレゼントとして高級時計を手に入れました。

 

しかし、帰り道に見知らぬ者たちに拉致されてしまいます。

第9話の内容はこちら>>

 

愛の不時着 8話の感想

ダンがあくまでも、ジョンヒョクとの結婚にこだわるのは、何不自由なく育てられたお嬢様であり、

ロシア留学までしてある程度のステイタスを得ているプライドなのかなと思いました。

 

または、本当の恋を知らないために、ジョンヒョクとの結婚から離れることが怖いのかもしれません。

 

お父さんを早くに亡くしてしまっているようですが、他の物は何でも手に入るので、痛みを経験していないのかもしれないなと考えられます。

そんなダンに、スンジュンはときめきの素晴らしさを説明しますが、スンジュンは家庭的な痛みがあるからこそ、愛を求めているかもしれないなと思いました。

 

ジョンヒョクのことを思って、あえて冷たく突き放したセリの涙を心配するジョンヒョクの姿に、胸が締め付けられそうでした。

 

愛は、自分よりも相手のことを大切に思うことなのかもしれないと、ドラマを見てつくづく思います。

 

拉致され「愛してる」と叫んだセリ。切羽詰まった状況下で、もう二度と会えないと思って、告白したのでしょうね。

 

こうなったら、ジョンヒョクは、もう迷うことなく、何が何でもセリを守ろうと、あらゆる手段と人脈を使いそうです。

第9話の内容はこちら>>

 

スポンサードリンク

愛の不時着 8話についてまとめ

韓国ドラマ「愛の不時着」の第8話では、スンジュンの家まで、セリを探しに行ったジョンヒョクを、セリは冷たく帰してしまいました。

 

その後、ジョンヒョクの身を案じ、社宅まで連れ帰りますが、セリは何者かに拉致されてしまいます。

 

セリの行方が気になります。

第9話の内容はこちら>>

 

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました