愛の不時着 15話のネタバレあらすじ解説と感想

第14話でセリの意識は回復しました。

ジョンヒョクは、チョルガンの潜伏先に向かいますが、韓国国家情報院に取り囲まれてしまいました。

 

この記事では、

・愛の不時着 15話のネタバレあらすじの解説

・愛の不時着 15話の感想

についてまとめていきます。

 

スポンサードリンク

愛の不時着 15話のネタバレあらすじの解説

チョルガンは、ジョンヒョクを撃とうとして、韓国国家情報院に狙撃されました。

「セリと一緒にいた情報を北朝鮮に送った。お前が戻れば、両親は処刑される。」と言うチョルガン。

 

さらに、ジョンヒョクの父が兄の死の調査をしなかったのは、自分に罪が行きつくことを知っていたからだと言い、ここで一緒に死のうと告げて息絶えました。

衝撃を受けたジョンヒョクは、自分の頭に銃口を向けますが、韓国国家情報院に逮捕されました。

 

セリの病室にいた部下たちも、韓国国家情報院に連れていかれます。

囚人服に着替えた部下たちは、嘘発見器の調査を受けます。

 

ジョンヒョクも尋問を受けますが、全く動じないので、キムチーム長は、用心して鋭く観察するのでした。

ジョンヒョクの携帯電話の位置情報から、お年寄りを助けたり、赤ちゃんに優しくしたりする様子が分かってきます。

 

ジョンヒョクは、財閥であるセリを北朝鮮に連れていくために、自分が来たと嘘を言い、部下をかばいます。

その話を聞いたセリは、ジョンヒョクが、チョルガンからセリを守るために来たことを証明しようとするのでした。

 

セリは、手術後の体調が不良なのを我慢して、ジョンヒョクに会いに来ます。

しかし、ジョンヒョクは冷たい態度で、個人的な理由ではなく、総政治局長の息子としてセリを隠し、チョルガンへの復讐を遂げるために韓国に来たと言い張ります。

 

セリに迷惑が及ばないための作り話でした。

セリが涙ながらに「自分の人生を大切にしてほしい。」と訴えましたが、ジョンヒョクは頑なな態度をとったままでした。

 

体調が悪化したセリは、対面室を出た途端倒れてしまいます。

敗血症を患ってしまったセリは、危険な状態になってしまうのでした。

 

その頃、北朝鮮ではセヒョンから依頼された誘拐犯が、スンジュンを拘束していました。

スンジュンは、チョン代表に助けられます。

 

市場に逃げ込み、質屋でセリの婚約指輪を取り戻し、ジョンヒョクの家に向かいます。

その夜、訪ねて来たダンは、平壌に一緒に行こうと誘いますが、スンジュンは、ダンの身を気遣い、北朝鮮を脱出する計画を打ち明けました。

 

そして、婚約指輪をダンの指にはめ、セリに贈ったものであることを告白し、これから普通に会える時に独身であれば、もう一度チャンスがほしいと頼みます。

次の日、スンジュンを空港まで送ったダン。

 

クールに別れた後、タクシーの中で指輪を見ながら嗚咽します。

その時、スンジュンを狙った誘拐犯に拉致されてしまいました。

 

連絡を受けたスンジュンは、飛行機に乗るべきかどうかを悩みますが、ダンのもとに駆けつけます。

ダンを守ろうとしてライフルで果敢に戦いますが、胸を撃たれてしまいました。

 

自分に向かって走ってくるダンを見ながら、「悲しいが幸せだ。」と思い、意識を失うのでした。

一方、キムチーム長は、チョルガンの情報を分析し、ジョンヒョクの両親が処刑される心配はないことをジョンヒョクに告げます。

 

そしてセリが危篤状態になっていることを知らせるのでした。

第16話の内容はこちら >>

 

愛の不時着 15話の感想

銃声が誰を撃った音かが分からず、まさかジョンヒョクが撃たれたのかと心配しましたが、国家情報院がチョルガンを撃った音でした。

チョルガンは、息絶える直前までジョンヒョクを挑発していました。

 

家族の愛に囲まれているジョンヒョクをライバル視して勝つことが、チョルガンの目標だったのかもしれません。

人に迷惑をかけるのが耐えがたいジョンヒョクは、自分が北に帰ることで両親が処罰されるならと、自殺を図ろうとしてしまい、胸が締め付けられるようでした。

 

国家情報院での部下たちの様子も、相変わらずコメディで楽しかったです。

ジョンヒョクの真面目な様子を、様々な角度から分析するのも笑えました。

 

ジョンヒョクがセリの未来を心配して、あえて冷たい態度をとるので、セリの心中を察して、悲しくなりました。

自分が悪者になってセリを守ろうとするジョンヒョクの自己犠牲には感心しますが、セリに必要なのは、ジョンヒョクが幸せになることなのにと、言いたいくらいでした。

第16話の内容はこちら >>

 

スポンサードリンク

愛の不時着 第15話についてまとめ

韓国ドラマ「愛の不時着」の第15話では、チョルガンは韓国国家情報院に始末され、ジョンヒョクや部下たちは逮捕されました。

韓国に来た本当の理由をジョンヒョクが言わないので、セリが対面に来ますが、ジョンヒョクは冷たく接します。

 

セリは敗血症になり、危篤になってしまいます。

セリの身が心配です。

第16話の内容はこちら >>

 

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました